新日本プロレスの阿部寛?タグチジャパンの田口隆祐を海外のプロレスファンが語る!【69】



新日本プロレスの本隊、タグチジャパンを束ねるレスラーであり、総監督の田口隆祐
最近の新日本プロレスではお尻を武器に闘うコメディ色の強いレスラーというイメージの方が強いのではないのでしょうか?

出典:新日本プロレスリング株式会社より
Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.:より引用

現在ではコメディー色の強いイメージを持っている人も多いと思いますが、IWGPジュニアヘビー級王座、IWGPジュニアヘビー級タッグ王座、BEST OF SUPER Jr.19優勝など結果もしっかり残しています。

顔は二枚目で、俳優の阿部寛に似ていると、自分でも言っちゃってます。

注意:右が田口隆祐です!
Twitter ∞6田口隆祐9〜道標明〜∞ より引用

ちなみに海外でも最近新日本プロレスを見始めた人には「お尻を武器にしたコメディー色の強いレスリングをする人」ってな感じで認知されてることが多い様です。

今回はそんな田口隆祐に対して彼の素晴らしさを討論する海外の反応を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、海外の反応

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

【投稿者】

オレは彼の試合をあまり見たことはないんだが、彼のいままでの歴史について読んでみると本当に興味深かったんだ。
だれでも良いんで、彼のベストマッチをいくつかお勧めしてくれないか?

2.海外のホーホケキョ。

彼は今年初めに高橋ヒロムと素晴らしい試合をしたよ。

さらにプリンスデイビット(フィンベイラー)とタッグチームのパートナーとして一緒に活躍した事もあって、彼らはゴールデンラヴァーズと素晴らしい試合をしたよ。

彼は今年のBOSJ(ベストオブスーパージュニア)でもデスペラードやKUSHIDAに対してベストマッチをいくつか見せてくれたね。

田口のスタイルはコメディに大きく依存しているけど、彼が真剣になったとき、いかなる相手の動きも自分のサブミッションへ逆転できる優れた技術の持ち主だから、誰にとっても脅威になる可能性があるんだ。

3.海外のホーホケキョ。

↑さらには、本当に良い心臓を持ってるよな。

この男はまだまだイケルよ。

4.海外のホーホケキョ。

まあ、彼はたったの38歳だしね、全く年寄りじゃないよ。

 

5.海外のホーホケキョ。

↑38歳は、ハイフライヤーのジュニアについて行こうと考えたら決して若いわけではないよ。

38歳のヘビー級のほうがまだ簡単さ。

まだやって行く事が出来るのは、残された経験を最大限に活用しているのが助けになっていると彼自身が言っていたね。

6.海外のホーホケキョ。

↑実際のところ、新日本プロレスは、ジュニアにハイフライヤーの流れがやって来た時もそれに固執せず、彼らはみんな自分のスタイルを持っていたし、

さらにリコシェやオスプレイの様な全てのハイフライヤーに対して新日本にはKUSHIDAがいるからね。

田口はデイビット、オメガ、ヒロムのようなハイフライヤーでも競って争わないし…

お互いに闘った時のハイフライヤーへの動きがあるのかもしれないけど、彼らは最盛期のレイ・ミステリオじゃないからね。

38歳は、特に田口がやっているように、彼らが互いに普通に軽快なレスリングしている場合は、彼のようなテクニシャンにとっては、まだまだ働き盛りと考えることができるね。

7.海外のホーホケキョ。

彼が本領を発揮すれば、とびきり最高のレスラーとだってやりあうことができるよ。

彼は2007年ごろからこき使われはじめて、田中稔との素晴らしい試合を繰り広げたよ。

Apollo 55としての彼のタッグチームの活躍は素晴らしかったね。
(7/09のvs MCMG(モーターシティマシンガンズ)、そして10/11の vsゴールデンラバーズは観賞必須だよ)。

8.海外のホーホケキョ。

とびきりのカリスマ性を持つ素晴らしい働き者だ。

レスリングにコメディーを求めていないのなら、彼でお茶を飲みながら一服は出来ないだろうね。

9.海外のホーホケキョ。

↑カリスマといえば、オレはいつも田口からエディ・ゲレロの雰囲気を感じるよ。 

10.海外のホーホケキョ。

オレは100%ではないと思うけど、多くの人がエディーは田口のお気に入りのレスラーだって言うよ。

彼のブーツ、ハンドラップ、ヒゲ、スリーアミーゴス三連続式高速ブレーンバスターの使用にからもそれを見て取ることができるね。

11.海外のホーホケキョ。

彼はヒロムとのチャンピオンシップの試合のように、もっとシリアスになると、実際にかなり良いよね。

オレはG1クライマックス27決勝の日の、リコシェとジュニアヘビー級タッグ選手権試合でヤングバックスと闘った時の彼が本当に好きだったよ。

12.海外のホーホケキョ。

今年のベストオブスーパージュニアでのエルデスペラードとの試合は本当にオレを納得させたね。

彼が本当に上手くできることを示したんだ。

13.海外のホーホケキョ。

正直なところ、今年のベストオブスーパージュニアでのvs KUSHIDA戦は、オレが見た彼のタッグ意外の試合の中で最も良かったかもしれないな。

14.海外のホーホケキョ。

彼は優れたコメディレスラーであり、真面目な試合もすることもできるんだ。

彼は非常に面白く、対戦相手に合わせた脅威になりたいと思っているのさ。

15.海外のホーホケキョ。

BOSJ 2016決勝での田口vsオスプレイは素晴らしい試合で、

本当に田口のスタイルと才能を見せつけてくれるよ。

16.海外のホーホケキョ。

田口常には全力でベストを尽くすことができるけど、彼はコメディもできる男としてのニッチさも見つけたんだ。

彼は自分の立ち振る舞いへの大きな反応を得て、それを商品としてうまく売りこんだのさ。

彼はこれをさらに10年間は簡単に保つことができるだろうな。

でも、新日本プロレスワールドでは彼の古い試合を掘り起してみることをお勧めするよ。

プリンスデイビット(フィンベイラー)とタングを組んだ田口の争いはすばらしかったし、彼のレスリング技術がどれほど深いものかを俺たちに示してくれたよ。

17.海外のホーホケキョ。

容易に最も見くびられたジュニアだと言えるね。

彼がコメディーモードでも真剣なレスリングモードでも、オレを楽しませることにしくじった事は決してないよ。

オレはあんなレスラーがもっといればと思うよ。

18.海外のホーホケキョ。

彼のBOSJ2011での飯伏とのファイナルマッチは注目に値するぜ。

19.海外のホーホケキョ。

彼は2016年のBOSJでマット・サイダルとKUSHIDAに対して素晴らしい試合をしたよね。

20.海外のホーホケキョ。

オレは田口隆祐が大好きさ。

彼は偉大なコメディレスラーだけど、重要なときにそれを切り替えることもできるんだ。

彼は38歳でありながら、依然としてかなり素早く立ち回れるね。

21.海外のホーホケキョ。

田口は目覚しいね。

彼は新日本で最高のコメディーレスラーで、今まで見たことのない最高のタイミングのセンスを持っているよ。

彼はコメディーを真剣な試合に織り込む方法を知っていながら、いつ疲れが出始めるのかを正確に知っているんだ。

彼がコメディーから真剣モードに変わる瞬間を見たことがなくて、それはいつでもオレが素晴らしい試合であったことを認識する頃には気づかないところで自然に進行してるんだ。

22.海外のホーホケキョ。

もし、彼について君に何かを伝えるのなら、

彼は年老いた変態のお尻男さ。

感想

こうやってみるとタッグのころのシリアスなレスリングのみならず、

ファンからは最近のベストオブスーパージュニアなどでのユーモアを取り入れたレスリングまで幅広く評価されて愛されている様です。

コメントで指摘のあった真面目とユーモアの切り替えの上手さは監督としても役立っているのではないのでしょうか?

レスラーとしても監督としても増々セイシをかけた戦いを期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    んー、千葉真一じゃね?