第二弾、日英レスラーの奇妙な関係。高橋ヒロムVSオスプレイの心理ゲームは笑撃の結末に!【海外の反応】


新日本プロレス海外の反応

Twitter上でロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロムが、夜中に対立するCHAOSの人気外国人レスラー、ウィルオスプレイに絡んで会話をしていたことが、日本のプロレスファンと海外のファンの間でも話題になっていた件を前回紹介しました。

今回はその続編にあたります。

この話題について知らない人は、まずはこちらから読んでいただくと、話の流れが分かりやすいと思います。
関連日本と英国のレスラーがTwitter上で接近!高橋ヒロムが眠れぬオスプレイに迫る!【海外の反応】

夜中に突然、高橋ヒロムからツイッターで絡まれ「君は猫だ」と言われた結果、いつの間にか自分のファンからも「君は猫だ」と言われてしまうようになり、終いにはファンから「にゃー」と話しかけられるはめになってしまったオスプレイの、その後の動向を海外の反応と共に翻訳して紹介します。

その後、オスプレイに待ち受けていた運命とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、その後のオスプレイのやり取りと、海外のファンの反応

twitterのコメント欄より:ソース

高橋ヒロム、再びツイッターでウィルオスプレイに絡む

ヒロム:今日、君を見つけたよ(ヒロムが公園にいる猫の絵を描いている写真)

オスプレイ:違う、それは猫だ。僕は猫じゃない。

ヒロム:おれのインスタグラムのビデオをチェックしてくれたかい?(ヒロムのインスタグラム)

ヒロム:もう寝ちゃった?

オスプレイ:いや、すごい酔っぱらってしまったんだ。

ヒロム:大丈夫?おれは酔っぱらいは嫌いだよ。でも君は猫だから問題ないよ!

オスプレイ:ああ、元気だよ。お気遣いありがとう。僕は飲むのも苦手だよ。
でも人生は一度きりだからね。僕は猫じゃない。

ヒロム:いや。君は9回生きているだろ…。

オスプレイ:僕は猫じゃない!!!

ヒロム:#YesYouAreACat

オスプレイ:君のツイッターのフォロワーを使って「僕は猫だ」と確信させようとするのをやめるんだ。

ヒロム:(涙)にやー。

ヒロム:オーイ。おやすみ〜。

<上記の攻防のファンの反応>

  • でも君は猫だよ。
  • こりゃ、テイカーレベルの心理ゲームだな。
  • これはオレが今までTwitterで読んだ単独のスレッドで最も素晴らしいよ。
  • ウィル、君の猫の意思を抱きしめるんだ。
  • どうやって君が猫か、そうでないかを知ることが出来るだろうか。僕は君が…(ニッコリ)

真剣にTシャツについて考え始めるオスプレイ

オスプレイ:Tシャツつくろうか?(オスプレイのインスタグラム)

<ファンの反応>

  • YES!
  • 何枚か作ってよ。
  • ヒロムだけ同様に「彼はやっぱり猫だった」Tシャツを持っていればな。
  • 黙って金を持ってってくれ!
  • すばらしいデザインだよ!

9/9オスプレイ、猫の姿で試合に登場!&関係者までイジリだす。

<試合後のツイッターにて>

オスプレイ:僕は猫じゃない。

(試合に猫の姿で登場するオスプレイと猫じゃらしで挑発する高橋ヒロム)
ツイッターnjpwworldより

ヒロム:君をとても誇りに思うよ。

バッドラック・ファレ:この猫が!!

オスプレイ:僕は猫じゃない!!!!

イアン(ROHのアナウンサー):猫になったんだねおめでとう、ウィル!

オスプレイ:僕は猫じゃない!!!!!!

イアン(ROHのアナウンサー):でもヒロムは(君が猫だって)言ってたけど?それに彼はダリルをB.J.ホイットマーと僕と一緒にコメンテーターをさせてくれたし、だから僕は彼の判断を信じるよ。

オスプレイ:(セサミストリートのキャラクターが参ってしまった様子のgif動画)

イアン(ROHのアナウンサー):ダリルも知ってるだろうね。彼も猫だからさ。イアン、ホイットマー、ダリルの画像

<ファンの反応>

  • 実際にダリルがコメントしている時、彼は君について話していて、彼は君が行方不明の仲間かもしれないと思ったそうだよ。君とダリルは再会するべきさ。
  • 近くにレーザーペンがないことを望もう。 猫はそれが大好きだからね。
  • ザ・エアリアル・ニャサシン(The Aerial Meowssassin)
  • 君は美しい猫だよ。私たちを楽しませてくれてありがとう。笑

まだ認めていないつもりらしい。

オスプレイ:猫をいくら強調してもハマってないだろ。(つまり)僕は猫じゃない。インスタグラムにて

ついにファンの期待に答えてあっという間にTシャツを作る

オスプレイ:「僕は猫じゃない」Tシャツ、只今予約開始中。

<ファンの反応>

  • ヒロムのカウンターTシャツを期待しているよ。笑
  • オレは5枚買うよ。
  • はえーな…。
  • ウィルはツンデレなんだよ、ブラザー。
  • オーダーしたニャー。
  • 君のフィニッシャーの名前をハンドスプリングキャッターに変えなよ。
  • 沢山のレスリングファンが自分の猫の名前をウィルかオスプレイにするだろうな。

9/10、試合の度に猫に戻るらしい

<試合前>

オスプレイ:また猫にもどるよ…僕は猫じゃない!

感想

とうとうオスプレイはヒロムとファンの期待に応え、猫の姿で登場しました。

突然、君は猫だと言われて、否定しているのに最後には猫になってしまう…。

表面的には面白いですが、ちょっとホラー映画のような恐ろしい面がヒロムらしいような気がします。

オスプレイの言葉の通り、ファンを使って猫だと認識させようとするヒロムの思惑と、一連の流れが観ていて面白かったです。

しかし、オスプレイはダリルがファレに破壊されたときもツイッターで怒るほどプロレスに入り込みますから、基本的にノリが良いんでしょう。

今後の二人の関係が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク