ロード・トゥ・デストラクション9/7レオトンガ登場、エルガン暴走、EVILで締め!【海外の反応】



今回は9月7日に後楽園ホールで行われた秋シリーズのRoad to DESTRUCTION(ロードトゥデストラクション)

ケニーオメガの離脱というショッキングなニュースがありましたが、代わりにタマ&タンガの末の弟のレオトンガの新日本プロレス初参戦、鈴木みのるマイケルエルガンランバージャックデスマッチを提案、エヴリシングEVILの合唱で終わるなど見所も沢山でした。

というわけで今回の公演を観た海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、海外の反応

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

八木が見せた戦いが大好きだ。

素晴らしいヤングライオンの試合だった。

2.海外のホーホケキョ。

↑すばらしいヤングライオンの一団が生き抜いて来ているよ。

新日本の未来は引き続き明るいね。

3.海外のホーホケキョ。

裕二郎VSバレッタは楽しかったよ。

4.海外のホーホケキョ。

レオはすでにオレのお気に入り「トンガ」さ。

5.海外のホーホケキョ。

レオトンガの初お目見えは悪くはなかったね。

6.海外のホーホケキョ。

レオトンガ、

デケエェ…

7.海外のホーホケキョ。

ヴィンスから隠せ!

8.海外のホーホケキョ。

レオトンガは心を捉えることが出来たかい?それとも…

9.海外のホーホケキョ。

↑うん、まだ未熟だけど、彼はいくらか良い力強さを見せてくれたし、彼の打撃はしっかりしていたよ。

10.海外のホーホケキョ。

レオトンガは、もしお父さんがカリートなら、お母さんがザ・ロックって感じの見た目だね。

11.海外のホーホケキョ。

顔にペイントしたジュースが好きだよ。

12.海外のホーホケキョ。

タイチの入場なし。ミホなし。

13.海外のホーホケキョ。

タイチは史上最強!

14.海外のホーホケキョ。

オーマイゴッド

KUSHIDA、棚橋そしてエルガンが同じチームだ!

15.海外のホーホケキョ。

↑彼らは皆タグチジャパンの一部だからね。

16.海外のホーホケキョ。

↑俺たちは皆タグチジャパンの一部さ。

17.海外のホーホケキョ。

KAZE NI NARE !

18.海外のホーホケキョ。

なんてことだ、棚橋はいまだに腕の調子が悪いまま鈴木と一緒のリングにいるのか…

愚かだ!

19.海外のホーホケキョ。

↑髪も依然として戻らず。

20.海外のホーホケキョ。

↑まるで、棚橋は長年にわたり常にスーパーサイヤ人モードになっていたけど、それが突然消えてしまったようだ。

21.海外のホーホケキョ。

↑田口がセンズの育て方を知っているといいな。

22.海外のホーホケキョ。

↑そしてケニーにあげてくれ。

23.海外のホーホケキョ。

エルガンの反則負けで鈴木軍の勝ち!

24.海外のホーホケキョ。

エルガン、この化け物め!

タイチに触れるな!

25.海外のホーホケキョ。

エルガンはみたところ、新日本がルールを適用している唯一の男のようだ。

26.海外のホーホケキョ。

ビッグマイクがレフリーによって特別に扱われるのを楽しんでいたよ。

27.海外のホーホケキョ。

鈴木が言っていることは分からないけど、

ビッグ・マイクの悪口を言っていると想像するよ。

28.海外のホーホケキョ。

↑オレにはランバージャックデスマッチって聞こえたけど?

29.海外のホーホケキョ。

↑タグチジャパンと鈴木軍のランバージャックデスマッチだと?

スゲーじゃん。

30.海外のホーホケキョ。

↑最後の素晴らしいランバージャックマッチは棚橋VSデイビットだった。

同じくらい良いことを望むよ。

31.海外のホーホケキョ。

ダリルは何処だ?

32.海外のホーホケキョ。

↑多分ウィルオスプレイが良く寝れるように助けてるんだろう。
(Twitterでヒロムがオスプレイにしつこく絡んだことが海外でも話題になっていました。笑、翻訳する余裕があったら記事にします)

33.海外のホーホケキョ。

オカダは休息がとれて気分が良さそうだ。

34.海外のホーホケキョ。

EVILは会場で一目置かれている感じだな。

35.海外のホーホケキョ。

EVIL! それはまさにこの瞬間のすべてだ!

36.海外のホーホケキョ。

EVILがオカダを失格にしたぞ!

37.海外のホーホケキョ。

素晴らしいタッグチームイリミネーションマッチだったね。

EVILがロスインゴに勝利をもたらした。

感想

ケニーが出場出来ないのは残念でしたが、海外はレオトンガに注目してくれていたみたいで、最初の新日デビューの評価もまずまずのようです。

エルガンは反則負けとなってしまいましたが、勝てなくても楽しませてくれますね。

ランバージャックへの変更への反応も良いようです。

マイケルエルガンと鈴木みのるは9月10日のデストラクション・イン・フクシマでNEVER無差別級のベルトを賭けて対決。

G1クライマックスが終わって、EVILへの海外の反応も前より良くなっているように感じました。

なお9月7日の試合からロードトゥデストラクションの模様を新日本プロレスワールドもしくは新日本プロレス公式YOUTUBEチャンネルにて最初のヤングライオンが出場する2〜3試合までは無料で観ることが出来ます。

将来のメインイベントを飾るかもしれない、ヤングライオンの成長も素晴らしいので大注目です。

負け知らずのオカダを破ったのはEVIL!G1クライマックス27の海外反応です。
関連G1クライマックス14日目Bブロック。オカダvs EVIL、ケニーvsジュース、他【海外の反応】
スポンサーリンク
スポンサーリンク