ホワイトVSオスプレイ、リングに棚橋、オカダ、後藤、飯伏が。3.6旗揚げ記念日【海外の反応】

出典:新日本プロレスより

本日は3月6日に大田区総合体育館で行なわれた新日本プロレス「旗揚げ記念日」の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

3.6旗揚げ記念日【海外の反応】

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

何てこった、ライガーはパフォーマンスのタイトルに値する活躍だったよ。

スイッチブレードは本物だ。 オスプレイも。

信吾と石森は素晴らしい追加選手になったね。

オレはLIJが大好き、新日本が大好き。

午前5時30分だ。

みんなお休み。

2.海外のホーホケキョ。

本当にこのショーが気に入ったよ。

ジェイホワイトは再び彼の凄さを証明した。

3.海外のホーホケキョ。

素晴らしい大会そしてメインイベントは最高だった。

おそらくこれまでのところオレのお気に入りのジェイホワイトの試合だな。

4.海外のホーホケキョ。

とんでもなく素晴らしいショーだった。

ジェイホワイトがお尻を蹴っ飛ばされてベルトを失うのが待ちきれない、

レスリング界最高のヒール、そして今日におけるとんでもなく最高の悪役達だ。

5.海外のホーホケキョ。

オスプレイVSホワイトの一撃は全てが凄いレベルだったし虜になった。

あと、オカダ、タナそしてLIJがいる試合で後藤がピンを奪ったところは叫んじゃったよ。

6.海外のホーホケキョ。

最後の4試合は凄かった、あとヤングライオンは観るたびにとても良くなっていくね。

7.海外のホーホケキョ。

かなり良い興行だった。

ジュニアの試合がマッチオブザナイトでメインイベントが僅差で2番目かな。

観客がもっと試合に入り込んでいたらもっと気に入ってたと思う。

最後の奇妙なカウンターは混乱したな。

8.海外のホーホケキョ。

1年くらい前にジェイホワイトが最初にプッシュされた時には反対したが、彼は本当にとんでもなく成長したな。

間違いなくレスリング界最高のヒールだし、オスプレイとの試合は驚くべきものだったよ。

9.海外のホーホケキョ。

LIJのファンとしては受難だった

10.海外のホーホケキョ。

ジェイの野郎とオスプレイの試合はマジで凄まじかった。

ジュースとオカダの試合と並んでジェイの屈指の試合だったよ。

11.海外のホーホケキョ。

↑彼はROHでも同様にオスプレイと最高の試合をしているよ。

個人的にジュースとの一戦と並んで最高の試合だった。

12.海外のホーホケキョ。

オレは“悪いとき”のジェイホワイトをみた事がないよ。

文字通りオカダの試合を観た事があるし、今回はこの試合だ。

彼は完全に自然に見えるし、素敵で、とても若い事に衝撃を覚えているよ。

人々が彼に否定的な考え方を持っているのはオレにとって奇妙なことだよ

彼は絶対メガスターになるだろうね。

13.海外のホーホケキョ。

現在ウィルオスプレイより優れたレスラーは存在しないな。

14.海外のホーホケキョ。

オスプレイはまるで

「みんな、オレはスゲー体が痛いんだけど。これって今やらないといけないの?」

って感じだな。

出典:新日本プロレスより

15.海外のホーホケキョ。

指差しはおそらくレスリングのすべてにおいて最も強力な行為だ。

面白いショーだった。

楽しいところも沢山あったし。 最後の試合は濃かった。

見続けて良かったよ。

16.海外のホーホケキョ。

これはまるでレッスルマニアの逆だね。

誰もが自分自身を指差してる。

17.海外のホーホケキョ。

なんとなく、5人の発育した男達が輪になって立ち、代わる代わる自分自身を指し周りを見回しているのはかなり面白い。

18.海外のホーホケキョ。

今の彼らはどうやってタッグマッチで共存するんだろうね。

19.海外のホーホケキョ。

スーツを着た飯伏は、オレのニュージャパンカップの優勝予想を間違いなく彼に変えなくてはと思わせている。

20.海外のホーホケキョ。

飯伏と棚橋が同じリングに…やばい!

21.海外のホーホケキョ。

今年は新日本VSバレットクラブみたいな感じになりそうな気がするな。

22.海外のホーホケキョ。

↑それは正しい流れだ。

バレットクラブを最前線に押し戻すからね。

23.海外のホーホケキョ。

ヒロムが出てこなかったのは悲しかったが、素晴らしいショーだったよ。

24.海外のホーホケキョ。

オレは巨大なライガー信者だから彼に勝って欲しかったが、彼が未だに地球上で最高のジュニアと一緒にやり合えることを示してくれて嬉しい。

まとめ

メインイベントのホワイトVSオスプレイは試合後まで贅沢な内容でしたね。

外国人レスラー2人がメインを務めるというとても歴史の変化が感じられる旗揚げ記念日だったように感じます。

カウンターのブレードランナーは海外でも混乱した人が多かった様ですが、全体的な試合内容は高評価が多かったように感じます。

石森VSライガーはお客さんの盛り上がりも相俟って最高の雰囲気でした。石森は王者の風格で勝ち切り、ライガーは是非もう一度ベストオブスーパージュニアに出て欲しいと思う試合内容でした。

もう何度目かのジュニアタッグマッチも海外の反応は少なかったのが残念でしたが、個人的にLIJvs3Kでのベストマッチだったと思います。3kの試合で一番好きだったかも。

その他にも飯伏のオスプレイ救出からのバレットクラブとオカダ&棚橋&後藤のにらみ合いなど色々ありましたが、この2日後にはもうニュージャパンカップが開幕。

海外では飯伏の優勝予想が爆上がりしそうですが、一体誰がMSGへの切符を掴むのか楽しみに待ちたいと思います。

関連残念。ニュージャパンカップ2019デビッドフィンレーが欠場。代わりは誰?【海外の反応】

関連髙橋ヒロムの回復状況が943%に!1000%は3月か?海外のファンからも期待が集る。

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク