髙橋ヒロムの回復状況が943%に!1000%は3月か?海外のファンからも期待が集る。

怪我により昨年の7月から欠場中のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

髙橋ヒロムですが、

この度ツイッターで最新の動画が届きました。

投稿文には943%回復の文字が!

海外のファンもこの投稿に対して様々な憶測をしていましたので反応を紹介します。



スポンサーリンク

髙橋ヒロム、現在943%【海外の反応】 

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

ヒロムからの最新動画で彼の回復状況が943%だって言ってるぞ(彼は1000%になったら戻ってくるって言ってた)

2.海外のホーホケキョ。

彼は間違いなくベストオブスーパージュニアに戻るつもりだな、待ちきれないぞ!

3.海外のホーホケキョ。

彼が旗揚げ記念日の石森vsライガーの防衛戦の後に再登場させるんじゃないかっていう推測があるよ。

4.海外のホーホケキョ。

ヒロムを確実にタイトルマッチに直に押し込む方法はないかな?

スカルをG1スーパーカードの防衛戦のために呼び戻すかもしれない感じがするけど。

5.海外のホーホケキョ。

↑彼はタイトルを失うことはなかったんだから試合に対して正当な主張が出来るよ。

6.海外のホーホケキョ。

↑チャンピオンに対してもシングルで勝利してるしね。

7.海外のホーホケキョ。

↑ 首を怪我して戻ってきたのにタイトルマッチに直で挑ませるのは少し賢明ではないような気がする。

8.海外のホーホケキョ。

↑現れて挑戦表明し、それからより軽いタッグやマルチマンでスケジュールを組んで確信を築いてから、次のメジャーなショーの前までに元の状態に戻すんじゃないかな。

9.海外のホーホケキョ。

(↑4)スカルはMSGでリーサルと試合するんじゃないかと思ってたけど?

10.海外のホーホケキョ。

↑彼が? オレはROHは観てないからカードの半分がどうなるかはわかんないな。

11.海外のホーホケキョ。

石森ひとりで輝けるようにしよう、

彼は6月までベルトを保持し続けるべきだ。

12.海外のホーホケキョ。

計算してみると、彼がこの投稿をし始めてから彼は1日およそ3%回復している。

それがこの間隔で続けば、彼は3月上旬には1000%になるだろう。

13.海外のホーホケキョ。

↑数学的に観点で言えば、1000%は旗揚げ記念日である3月6日もしくは7日頃に到達するだろう。

これはさらに言えば、ニュージャパンカップの期間中で、ジュニア級はタッグでスケジュールが組まれるだろうから賢明な復帰になるだろう。

14.海外のホーホケキョ。

急げ! 少年少女よ、君のダリルをいつもより余計に愛情を込めて抱きしめて上げるんだ!

ヒロムちゃんに出来るだけポジティブなエネルギーを送れば、すぐに復帰出来るようなるだろう!

15.海外のホーホケキョ。

もしヒロムが帰ってきたら、オレはバク転するぜ。

16.海外のホーホケキョ。

↑実際に出来んのか?

17.海外のホーホケキョ。

↑いや。 しかし興奮はオレに愚かなことをさせるものだ。

18.海外のホーホケキョ。

オレは彼が完全に積極的に復帰する準備ができる前に戻ってきて欲しくない。

そうは言っても、

ヤベェ、待ちきれないよ!

19.海外のホーホケキョ。

もしもこれがオレたちがMSGでヒロム観られるかもしれないということであれば、

オレは泣く。

20.海外のホーホケキョ。

↑オレも参加するよ。

彼は絶対に大好きな選手だし、

MSGのチケットを買ったとき、彼がMSGにいることさえ期待していなかったよ。

それが実現するかもしれないという考えはオレを感情的にしている。

21.海外のホーホケキョ。

彼が迅速に回復し続けることを願っているよ。

本当に彼がいなくて寂しいんだ。

感想

数学的にみると3月頃という計算になる事からMSGへの期待が一気に高まっている様です。

トペスイシーダプロレスブログさんも3月の長岡大会を予想していますが、

確かにMSGでのジェイホワイトの対戦相手も決まるこの場所で登場すれば、海外からの注目も一気に集められそうです。

リンク髙橋ヒロムが復帰まで943/1000%!Twitterのメッセージの真意とは

あくまで計算での予想なので、決して急がず焦らずで治した上で登場して欲しいですが、900%に到達したのはいずれにしても嬉しいですね。

近い将来、彼の登場で会場が爆発するのが待ちきれないです!

関連髙橋ヒロム、ドラゴンリーとの壮絶な大激闘に米国ファン大熱狂も首を負傷【海外の反応】

関連【LIJ】髙橋ヒロムの描いた選手たちの個性的な絵に海外のファンも夢中!グッズ化希望の声も!

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク