試合前からボロボロの内藤哲也VSタイチ、2.3何かが起こる札幌決戦の海外の反応は?

出典:新日本プロレスHP

本日は2月2日に行われた「THE NEW BEGINNING in SAPPORO ~雪の札幌2連戦」の2日目の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

雪の札幌2連戦2日目【海外の反応】 

redditのコメント欄より:ソース ソース

1.海外のホーホケキョ。

真剣に、マジで素晴らしいメインイベントだった。

ちょっとドラマチック過ぎ? 非現実的? タイチが愚かに見えた?

イエス。

しかし、それがサイコーだったんだ。笑

2.海外のホーホケキョ。

オレはメインイベントが本当に楽しめたよ。

いくつかの点でシナの試合のように感じた、

典型的な新日本のストロングスタイルの展開ではなく、ビッグスポットの連続だった。

でもオレはそれが気に入ったよ。

3.海外のホーホケキョ。

鈴木軍がサッポロで一掃!

4.海外のホーホケキョ。

オレは約3ヶ月前に新日本を見始めたんだけど、いまだにメインイベントにわずかにでも失望したことはないよ。

オレはこの展開が内藤の連勝を止めるためのものだって確信してしまったが、

おいおい、何て試合になったんだ!

5.海外のホーホケキョ。

↑タイチが失望させることはないよ。

6.海外のホーホケキョ。

鈴木軍のメンバーにとっては残念な夜になってしまったな。

7.海外のホーホケキョ。

素晴らしいショーだったね。

昨年のニュービギニングの以来で最高のジュニアタッグマッチ、とても面白いヘビータッグマッチ(昨日の両シングルマッチの方がわずかに面白かったが)

そして、今までで遥かに最高だったタイチの試合。

ケイオス&本隊vsバレットクラブの6マンタッグもまた素晴らしかったし(ゴー、ヨシハシ、ゴー)大阪へ続くの素晴らしい展開だ。

少なくともドミニオン以来、そして多分レッスルキングダム12以来で最も優れたIWGPヘビー級タイトルマッチへのストーリー展開だよ。

8.海外のホーホケキョ。

↑オレは実際にワールドタッグリーグでのオスプレイ vsタイチの試合の方が好きだったと思うが、それでもとても楽しかったね。

そして、タッグマッチについては同意、面白かったが、試合はちょっぴり早く決し、そして昨夜のシングルマッチよりは迫力に欠けているように感じたかな。

9.海外のホーホケキョ。

メインイベントは良い意味でバカげてたね。

10.海外のホーホケキョ。

あの試合後にタイチの首が100%ちゃんと動いたら、そりゃ奇跡だよ!

11.海外のホーホケキョ。

主君は勇敢に戦い抜いたが、メルツアーは彼にふさわしい評価をしない事を期待してる。

12.海外のホーホケキョ。

楽しいカードだ。

エル・デスペラード、金丸義信、タイチは負けたにもかかわらず強者に見えたね。

LIJが今後数カ月間の焦点となりそうだ。

かなりスマートな出方だね。

オレは鈴木軍内で権力闘争が起こると思うな。

バレットクラブvsケイオス&タグチジャパン&棚橋の抗争が続く事も期待しているよ。

13.海外のホーホケキョ。

メインイベントでは、こんなタイプのアングルが実際に上手くいくことを示したな。

10年に1回くらいでやればね。

14.海外のホーホケキョ。

鈴木軍に正義を

15.海外のホーホケキョ。

いまだにこの展開が愚かで無意味だったか、それとも全く秀逸だったか考えているんだけど、オレはそれでもこの試合が本当に気に入ったよ。

この試合での教えは、

少なくともオレにとっては、面白い試合には正しい公式がないってことだと思うな。

16.海外のホーホケキョ。

メインイベントは歓迎すべきチェンジオブペースと荒々しい展開だった。

オレは聖帝ブラックメフィストがこんな面白い試合が出来るなんて知らなかったよ。

タッグマッチは素晴らしかったし、スイッチブレイドは主要な選手として完全に大成したね。

グッドガイ タマトンガは今まで見た中で最高のキャラクターの再建かもしれないな。

今までのところ2019年は面白そうだ。

17.海外のホーホケキョ。

タイチvs内藤はどういう訳か

年間ベストマッチと、年間最低マッチが同時に起こったな。

18.海外のホーホケキョ。

今年のショーは6089人を呼び込んだ。

昨年は5140人(メインイベントはオメガvsホワイト)。

タイチは客を呼べる。

19.海外のホーホケキョ。

タイチはG1でリベンジを果たすだろう。

20.海外のホーホケキョ。

オレはタイチ信者でも何でもないが、ここしばらくの間の彼は素晴らしいね。

すごい試合だった。

21.海外のホーホケキョ。

何て事だ、ファイプロはオレたちに嘘をついたのか!

22.海外のホーホケキョ。

ジョンシナイトウを見ている気分だ。

23.海外のホーホケキョ。

飯塚がランプから登場して来たのを見たのは初めてかもしれない。

24.海外のホーホケキョ。

YOSHI、それは何なんだ?

大好きだよ。

25.海外のホーホケキョ。

タコス タップ アウト(TTO)

26.海外のホーホケキョ。

金丸は十分な敬意をはらわれていないよ。

彼は悪い時期を過ごして体を壊したが、彼は23年目にしていまだに良い動きだし大役だってこなす事が出来るぞ。

27.海外のホーホケキョ。

これこそ、オレが彼についてのほとんどすべてのコメントに対して毎回、「GHCジュニア二冠の最長統治者」ノブオジサンと必ず付け加えている理由だ。

28.海外のホーホケキョ。

ノブの受け身は神のよう。

感想

メインイベントは結果的に、新日本プロレスとしてはかなり珍しいエンターテイメント製の高いドラマチックな展開となり新日本のファンの間では好き嫌いが分かれそうな気がしますが、海外のファンの評判は「いつも観る新日本のスタイルではなかったけど面白かった」と言う意見が多かった印象。

個人的には、会場でお金払ってチケット買って参加した人の方が飯塚の内藤襲撃から大復活勝利までのあのハチャメチャな流れをより一層楽しめたんじゃないかと思います。

「何かが起こる北海道」、昨年のゴールデンラヴァーズの復活のような、今後の展開に続く「何か」こそ起こりませんでしたが、会場を騒然とさせ、最後は内藤コールで一体感を生み出すような雰囲気を作り出したのが地元、北海道出身のタイチってのが面白いです。

しかしながら、タイチは昨年後藤のNEVER無差別級ベルトに挑戦したときもですが、ファンがタイチに期待すればするほど、ファンに期待されているような試合内容には絶対にせず裏切って来る姿勢を貫いてくるのはヒールとしてさすがでした。

今回の一歩では内藤には届かなかったので、次回はまた違う切り口の一歩が見てみたいですね。

関連KUSHIDAの棚橋弘至との新日本プロレスラストマッチの海外の反応は?

関連新日本プロレスのリングのロゴを描いた海外のプロフェッショナル(ファン)【海外の反応】

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク