KUSHIDAの棚橋弘至との新日本プロレスラストマッチの海外の反応は?

写真提供:トペスイシーダプロレスブログさん

本日は1月29日「Road to THE NEW BEGINNING」後楽園ホール大会で行われたKUSHIDAの新日本プロレス最終戦

KUSHIDA vs棚橋弘至のスペシャルシングルマッチの海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

KUSHIDAの新日本プロレス最終戦【海外の反応】 

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

何てサイコーの試合だ。

2.海外のホーホケキョ。

KUSHIDAが恋しくなるだろうな。

彼はジュニア部門を背負っていたよ。

確かに彼は最も人気がある選手ではなかったが、毎回上手くやってのけていた。

オレはKUSHIDAが悪い試合をしたところを一度も見た事がないよ。

あと観客を挑発した、ジェイホワイトはデビッド時代以来失われていた最低のヒールだ。

業界で最高のヒールってことさ。

最後に邪魔してまで観客のヒートを買う何て信じられないよ。

試合自体は、昔ながらのプロレススタイルを振り返るような内容だったね。

個人的には大好物だった。

どこへ行こうと彼が上手くいく事を祈っているよ。

3.海外のホーホケキョ。

これは間違いなくこれまでで屈指のお気に入りロードトゥショーだったに違いない。

4.海外のホーホケキョ。

KUSHIDAは間違いなくレスリング界で最高のベイビーフェイスの一人だね。

5.海外のホーホケキョ。

ジェイホワイトは今夜、ホテルの小さな冷蔵庫でつま先をぶつけて欲しい。

6.海外のホーホケキョ。

↑そしてもう片方の足でレゴを踏むんだ。

7.海外のホーホケキョ。

あっ!オレの後ろでタマネギを切っている忍者がいる!

8.海外のホーホケキョ。

KUSHIDAが最後の試合でサブミッションで負けるのはより優れた方法だね。

9.海外のホーホケキョ。

ついに誰かがバックトゥーザヒューチャーをキックアウトしたね。

それが起こるには正しい時間だった。

10.海外のホーホケキョ。

KUSHIDAはオレが新日本プロレスを見始めた時に本当に好きになった最初のレスラーだったんだ。

彼のキャリアの次の章でもハッピーでいてくれることを願っているよ。

11.海外のホーホケキョ。

この試合が今年のトップ10マッチになるだろうか?

おそらくそうはならないだろう。

だが、この試合はマジで美しくて、

そして君が今年のニュージャパンで見るものとは全く異なった試合だろう。

オレはこの試合が大好きだ。

12.海外のホーホケキョ。

中邑のラストマッチでオカダがしくしく泣いていたのを思い出したよ。

13.海外のホーホケキョ。

これは本当に落ち込むよ。

オレは新日本のファンになって4年、ハードコアな新日本ファンとしては約3年かそこらさ。

とにかく、KUSHIDAはいつもオレのお気に入りの一人だったんだ。

彼のバックトゥーザフューチャーにとらわれている男さ。

彼はスーパーベイビーフェイスなんだ。

尚かつ、彼は驚くべき素晴らしいレスラーなんだよ。

彼はいつも試合に全身全霊を注ぎこみ、休む事なく何度も何度も繰り返してきたんだ。

彼がリングからいなくなってしまうのがすごく寂しいよ。

これまでで最高の幸運を祈る。

14.海外のホーホケキョ。

何て素晴らしい横断幕だ!

15.海外のホーホケキョ。

バックトゥーザフューチャーの大ファンとして、KUSHIDAの大ファンなんだ。

彼の作品にさらにアクセス出来るのが待ちきれないよ。

16.海外のホーホケキョ。

ちょうど試合を観終わったが、当初思っていたよりも間違いなくKUSADAの事が恋しくなるだろうな。

ジュニア級はいつも観るのが楽しい部門だったし、棚橋との試合を観終えたあと、彼のような優秀なテクニシャンを見れたことがどれほどの嬉しい事なのかを実感した。

オレは正直に言って、5分を超える首と肘の取り合いをほとんどのレスラーがやってもうまくいくとは思わないが、彼ら二人はそれらを上手く機能させて両者がどれだけ才能を持っているのかを示してくれた。

アメリカでも上手くいく事を祈っているし、オレは間違いなく枯れに注目してみるつもりだ。

17.海外のホーホケキョ。

素晴らしい送別の試合だったし、彼がタナとファンからどうやって送り出されたのかを観るのは素晴らしかったね。

なぜ彼が去るのかはわかっているが、すでにちょっと寂しいね。

全てに感謝するよ、KUSHI

18.海外のホーホケキョ。

すでに彼が恋しい。

オレたちがヒロムやタイジ(特にヒロム)との抗争を得られる前のジュニア級の礎が行ってしまうのは見ていて悲しかった。

今日オレたちが知っているタイトルシーンは彼の基盤の上に100%構築されたものだから、彼の不在によって再び物事が安定するのにはもう少し時間がかかるだろう。

この試合は最高だった!

彼が遂にエースと1対1で闘えたのは嬉しかったし、大いに値する内容だった。

ありがとうKUSHIDA!!

19.海外のホーホケキョ。

ライガーはマスクを被っていてラッキーだったね、

彼の感情を外側から抑制しているように見える。

20.海外のホーホケキョ。

ジュニア部門には大きな穴が開くだろう。

しかし、同時に、KUSHIDAは階級を上げなかった。

だから、オレはこれを遠征として見ることを選んだ、だって彼は戻ってくると思うから…

いつかの未来でね。

21.海外のホーホケキョ。

タイムスプリッターよ永遠に。

感想

海外の反応はこの先の未来への幸運を祈るコメントが多かったです。

他の選手ではなかなか真似出来ないであろうグラウンドメインでも魅せられる試合を通してKUSHIDAのジュニア級のみならず新日本での存在感を改めて実感させられた人も多くいたようです。

写真提供:トペスイシーダプロレスブログさん

KUSHIDAの入場からリングでの仰向けの姿など、全ての所作にプロレスへの思いが感じられたこの試合ですが、

個人的には最後に技をかけると二人が違う方向を向いた状態になるテキサスクローバーホールドで試合を終えたのが、KUSHIDAとのしばしの別れと旅立ちを象徴しているようで特に印象に残りました。

KUSHIDAが言っていたように素晴らしいお守りになったはずです。

この試合は送別ではありましたが、まさにニュービギニングというシリーズ名にふさわしい内容の試合をみせてもらった気分でした。

KUSHIDA選手いってらっしゃい!

関連KUSHIDAが新日本プロレス退団、飯塚高史が引退、ケニーオメガも離脱か?【海外の反応】

関連新日本プロレスのリングのロゴを描いた海外のプロフェッショナル(ファン)【海外の反応】

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク