2020年は東京ドーム2DAYSに!2019年上半期のスケジュールが発表【海外の反応】

レッスルキングダム13で明らかになった2019年上半期のビッグマッチスケジュール。

G1開幕戦がアメリカになったりベストオブスーパージュニアの両国開催などで会場のファンを沸かせましたが中でも盛り上がったのが翌年2020年の1.4、1.5の東京ドーム2連戦という超サプライズ発表。

NJPW 2019 Big Match Schedule!
NEW JAPAN PRO-WRESTLING

発表からしばらくたってしまいましたが(忘れてました…)

この驚愕スケジュールの海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

2019年上半期のビッグマッチスケジュールが発表【海外の反応】 

YOUTUBEのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

エリートがいなくなったとしても、新日本には素晴らしい選手がたくさんいるから大丈夫だろう。

2.海外のホーホケキョ。

↑ニュージャパンは大丈夫だ。

3.海外のホーホケキョ。

サクラジェネシスはどこに行ったんだ?

今年はやらないのか?

4.海外のホーホケキョ。

↑おそらくMSGのイベントに置き換えられているよ。

5.海外のホーホケキョ。

ほとんどのパートがなんにも理解出来なかったが

アナウンサーが物事を壮大にしてくれたよ。

この4分間は3時間のRAWより良かった。

6.海外のホーホケキョ。

新日本のために日本に行くだろう。

7.海外のホーホケキョ。

↑その価値はあるよ、素晴らしい国さ。

オレはWK13のためにドームに行ったんだ。

8.海外のホーホケキョ。

↑オレは4月に日本に行って、サクラジェネシスに行くことを望んでいたが、

彼らは今年ニューヨークに行くことを決定してしまったよ。

9.海外のホーホケキョ。

この2日間のレッスルキングダムがどのようにとり行われるのか、非常に興味がある。

10.海外のホーホケキョ。

↑オレは4試合をそれぞれの日に分割してほしいのだが。

最初の夜はインターコンチネンタルチャンピオンシップで終わり、

2日目の夜はIWGPヘビー級ベルトで終わるのさ。

11.海外のホーホケキョ。

↑これはすでに説明されているだろ、レッスルキングダムが2回あるわけではなく、

2日間のドーム大会さ。

ニューイヤーダッシュがドームで実現するのさ。

12.海外のホーホケキョ。

↑うん、これは正にニューイヤーダッシュが大きくなることを意味してて、

レッスルキングダムでスポットを得られなかった人々がニューイヤーダッシュでドーム大会に出場するようになるだろう、

それにニューイヤーダッシュは今まで以上に大きく、より重要になるだろうね。

13.海外のホーホケキョ。

↑プラスニューイヤーダッシュのチケットは極めて入手するのが難しくなる訳か。

14.海外のホーホケキョ。

今年のレッスルキングダムの試合は駆け足だったと文句を言っている人々がいたから、

来年はおそらくより長い素晴らしい試合が観られると思うな。

16.海外のホーホケキョ。

G1クライマックスはアメリカでやるのか?

17.海外のホーホケキョ。

↑うん、G1クライマックスのスタートはダラスだ。

アメリカンエアラインセンター。

マークキューバンはおそらくそれをAxs TVショーの宣伝に使うだろう。

18.海外のホーホケキョ

G1開幕戦がアメリカ、とてもクールだね!

19.海外のホーホケキョ。

MSGでオメガVS棚橋だと思うな。

オメガがニュージャパンカップで優勝し、タナに挑戦するんだ。

ケニーが新日本と契約しなかった場合は、MSGはタナvsジェリコになるだろう。

20.海外のホーホケキョ。

ダラス、なってこった!

オレは準備出来てるぜ。

21.海外のホーホケキョ。

今年のショーは素晴らしいものになるだろうな!

レスラーはアメリカやイギリスを旅してもっとたくさんのショーに参加できるぞ!

22.海外のホーホケキョ。

AEWと提携するんだ。

22.海外のホーホケキョ。

KUSHIDAが恋しくなるだろう!

22.海外のホーホケキョ。

何時になったらメキシコに来るんだ??

彼らはそこのビッグな団体と提携関係があるんだろ?

22.海外のホーホケキョ。

彼らのファンではありませんが、KUSHIDAとエリートの幸運を祈る、

彼らは間違いなくレスリング界に良いものをもたらすよ。

2019年は新日本にとって本当に忙しい年になるだろう。

今年の彼らのショーが楽しみだ、そしてG1クライマックスが最も楽しみだ。

感想

海外のファンの一部の人達は1.5がニューイヤーダッシュの東京ドーム版になると解釈していた様ですが、実際のところどうなるのか気になりますね。

G1開幕戦がアメリカになるのはそのうちなるだろうと予想していましたが、

アメリカン・エアラインズ・センターはバスケットボールなら19000人以上収容する会場のようですから、新日本プロレスにとってはかなり勝負となる大会となりそうなので凄いカードが組まれる予感がします。

そしてロンドン公演のカッパーボックスも収容人数7000と英国で行われるレスリング会場としては比較的大きいところを抑えたので期待が膨らみますし、この頃の英国レスラー勢の新日本の立ち位置が楽しみですね。

そしてベストオブスーパージュニアは遂に両国国技館での開催に!

退団したKUSHIDAやヘビーへの転向により参加しない事が予想されるオスプレイを除くメンバーにより新しい選手の登場が予想されますが、昨年に負けないような素晴らしいジュニアのドラマをみせてもらいたいですね!

関連棚橋弘至がIWGPヘビー級新王者に!ケニーオメガはどうなる?1.4東京ドーム【海外の反応】

関連【AEW】オールエリートレスリングにジェリコらビッグネームが次々参戦!【海外の反応】

関連KUSHIDAvs棚橋弘至が実現!新日本最終戦は最初で最後のマッチアップ?【海外の反応】

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク