強気で自信満々のジェイホワイト「オレがまだいる」【海外の反応】

新団体AEW(オールエリートレスリング)が誕生し、この団体に関与しているケニーオメガらエリートメンバーが今後新日本プロレスに関わるのかどうか不安に思っているファンも多くいる事でしょう。

そんな中、レッスルキングダム13ではオカダカズチカを14分で破り絶好調のバレットクラブのジェイホワイトがツイッターでこんなツイートをしています。

「お前達が何人去ろうともどうってことはない、オレがまだいるだろ」

試合をすれば見事なブーイングで溢れるジェイホワイトですが、オレが現在の新日本を引っ張ってやると言わんばかりの自信満々のツイートですね!

このツイートを含め最近のジェイの勢いに対する海外ファンの反応を紹介したいと思います。



スポンサーリンク

2019年はジェイが引っ張る!?【海外の反応】 

YOUTUBEのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

新日本は本当にかなり早くジェイを押すことで上手く対処したね。

2.海外のホーホケキョ。

↑外道はオカダでギャンブルをして利益を生み出したんだ…

彼は今回も同じように上手くいく事を望んでいるだろうね。

3.海外のホーホケキョ。

↑オカダがたったの31歳なのも凄い事だ、後さらに10年はメインイベントの活躍を出来るだろうね。

なんて長期的な選択肢だったんだ。

4.海外のホーホケキョ。

↑たったの31歳だって?

オカダはあと20年はイケルだろうな(ジェリコが48で未だに素晴らしいように)

5.海外のホーホケキョ。

外道はおそらくエリートが去ることを知っていたんだ。

彼はこれからバレットクラブを正しくプッシュできるんだ。

6.海外のホーホケキョ。

↑オレは実際にタマのこのグッドガイのギミックがちょっと好きなんだ。

彼が結成したヒールグループの中で唯一のフェイスだったら滑稽だろ。

7.海外のホーホケキョ。

これらの新しい試みがスイッチブレイドともっと呼吸をする余地を与えるだろうね。

8.海外のホーホケキョ。

もしみんなが去ってしまってレスリングする相手が誰もいなくなったらどうするんだよ、ジェイ?

9.海外のホーホケキョ。

↑そしたら彼の新しい「時代」は成功でしたってことさ。

10.海外のホーホケキョ。

↑タイトルも独り占めだな!

天才!

11.海外のホーホケキョ。

ジェイホワイトは会社の次のビッグな西洋人だな

今年のG1が待ちきれないよ。

12.海外のホーホケキョ。

↑君が言っていることはわかるし、まったく正しいが…

ニュージーランドは正確には西洋ではないね。

13.海外のホーホケキョ。

新日本で次の大スターになるためにジェイは長期的な視点で立ち向かっているね。

14.海外のホーホケキョ。

多くの人が彼がオカダに勝つとは思っていなかったが彼はやってのけた。

彼はニュージャパンカップ + G1スーパーカードのどちらかでタイトルを獲得するか、もしくはニュービギニングでタイトルを勝ち取るだろう。

16.海外のホーホケキョ。

オレ達の白騎士だ。

17.海外のホーホケキョ。

入場の衣裳はバックストリートボーイズが思い浮かんだよ。 笑

それでもスイッチブレイドと共に呼吸するけどね。

18.海外のホーホケキョ。

ジェイが勝利する可能性はあると思うが、棚橋がMSGのメインイベントではないのは考えられないな、やはりジェイをチャンピオンにしたMSGでの再戦だろうな。

19.海外のホーホケキョ。

ジェイがプッシュされ外道が彼のマネージャーになり、レッスルキングダムでオカダをクリーンで倒した事を考えると彼が近い将来IWGPヘビー級王者になるかもしれないチャンスはかなりあるが、

彼らが去ってしまって嘆き悲しんでいるんじゃないかって疑っているよ。

感想

現在最も勢いがあるジェイホワイトだけに、MSGのメインになってもおかしくないと考えている人もそれなりにいる様です。

次のニュービギニング大阪で勝った方がIWGPヘビー級王者としてMSGのメインを張る可能性が高くなりそうですが、こういった頼もしいツイートをされると期待値が上がって勝敗予想が難しくなりますね。

海外では外道がジェイのマネージャーに付いている事で2代目のオカダのような存在として捉えられている印象も受けますが、個人的にこの自信たっぷりの頼もしさは棚橋弘至を彷彿とさせる気もします。

棚橋が闇落ちしたらジェイみたいなヒールになるのかも?

【Jay White and BULLET CLUB brutalize Tanahashi!】NEW YEAR DASH!! (January 5th)
NEW JAPAN PRO-WRESTLING

だとするとレッスルキングダム12で棚橋VSジェイの初対戦が組まれた事に対しても深い意味が出て来ますし、今度のタイトルマッチは光VS闇のエース対決として観ても面白そうですね。

ただ中邑真輔へのリスペクトを感じる技もありますし、ジェイって実はかなりハイブリッドなレスラーなのかも。

関連ジェイホワイトが大歓声のオカダカズチカを沈める!1.4東京ドーム【海外の反応】

関連バレットクラブの裏切りの歴史を紹介した動画「Bullet Club Betrayals」が公開【海外の反応】

関連大人気History of the BULLET CLUBパート3が公開!ケニーオメガの時代へ【海外の反応】

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク