バレットクラブOGとエリートの抗争は終結?History of BULLET CLUB第4弾が公開【海外の反応】

新日本プロレスの英語版YOUTUBEチャンネルの大人気シリーズであるTHE RECOUNTのバレットクラブの歴史特集「History of the BULLET CLUB」の第4弾、

「History of BULLET CLUB Part 4: Civil War」公開。

History of BULLET CLUB Part 4: Civil War
NEW JAPAN PRO-WRESTLING

今回は昨年繰り広げられたゴールデン☆ラーヴァーズ復活からケニーとコーディ率いるジ・エリートを中心に繰り広げられたバレットクラブのシビルウォー、

そして7/7のカウパレスでのバレットクラブOGのエリート襲撃などが特集されています。

という訳で今回はこちらの動画を観た海外のファンの反応を紹介します。

関連「History of the BULLET CLUB」海外ファンに人気の新日本プロレスの歴史シリーズが公開!



スポンサーリンク

History of BULLET CLUB Part 4【海外の反応】 

YOUTUBEのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

新日本プロレスの大ファンであるのにバレットクラブOGとエリートのシビルウォーが観られないのは悲しいな。

2.海外のホーホケキョ。

↑そこにはいない人たちにフォーカスを当てるのではなく、単にバレットクラブを再構築することを決定したんだろう。

3.海外のホーホケキョ。

このチャンネルのコンテンツを観ていると、新日本が自社の製品の素晴らしいストーリーを伝えようとしている事に気づく。

他のプロモーションとは異なり、彼らはとてもエレガントに伝えているよ。

彼らのレスリングのイデオロギーの形態とパッケージ全体の際立ってる。

4.海外のホーホケキョ。

↑うん、そして彼らは試みるだけではなく、それらの物語を語ることに成功してる。

5.海外のホーホケキョ。

ケニーがずっと正しかったと考えるために、彼らはスイッチブレイドを必要としたんだな。

6.海外のホーホケキョ。

バレットクラブを救ってくれたタマとファミリーに感謝するよ!

これによってスイッチブレードができたんだ。

チェーズと裕二郎も帰って来たしね。

7.海外のホーホケキョ。

↑リアル グッドガイだしね。

8.海外のホーホケキョ。

↑キウイ(ニュージーランド人)としては

ジェイがバレットクラブのリーダーですげー嬉しいよ。

9.海外のホーホケキョ。

オレはカウパレスのショーに行ったんだ

タマがエリートを攻撃したとき

「イエー、タマがやりやがった!」

それから彼が裕二郎とチェーズを攻撃したとき

「タマなぜだ ?!」ってなった。

それから、彼らはさらにエリートを痛めつけ

「やっちまえタマっ!」ってなっちゃったね。

10.海外のホーホケキョ。

↑彼らが裕二郎とチェーズを攻撃したときはもっとショックを受けたな。

ありがたい事に彼らは一緒に戻って来てくれた。

家族が戻ってきたんだ。

オレの唯一の願いは、適切な区切りがあったらなってことだね。

11.海外のホーホケキョ。

新日本プロレスのクリエイティブチームは美しいストーリーテリング能力がある。

継続性、ファンの知性と彼らのブッキングに対する誠実な配慮はすべて完璧だ。

WWEが何をするのか、またAEWが何をするのかは気にしないよ。

新日本が常にオレのお気に入りのプロモーションになるだろう。

12.海外のホーホケキョ。

nWoと同じように、バレットクラブは大きくなりすぎて最終的にサブユニットと分割され
(ウルフパックがベルを鳴らしていた?)、

それが徐々に消え去ってしまうまで彼らだけで抗争を始めてしまったんだ。

13.海外のホーホケキョ。

2018年のストーリーラインは殆ど無駄になってしまった。

オレたちはバレットクラブOGとエリートの正しい終結は決して観られないんだろう。

14.海外のホーホケキョ。

AEWに侵略でもしない限り、オレたちはエリートvsOGを見ることは決してないだろうな。

16.海外のホーホケキョ。

タマトンガ、タンガロア、バッドラックファレ、ハク…

うぁ…彼らだけもヤバいユニットだね。

17.海外のホーホケキョ。

タマvsオメガはタイトルマッチに最適だっただろうなぁ。

18.海外のホーホケキョ。

なぜケニーが去らないといけないんだ…

19.海外のホーホケキョ。

映画を観ているような気分になったよ。

20.海外のホーホケキョ。

パート5はグッドガイタマ時代だな。

21.海外のホーホケキョ。

もうっちょっとだった…もうちょっとだったんだ…

(WK13の)タッグマッチで勝者が出ていればバレットクラブの完全なコントロールをゲットしていただろうに。

21.海外のホーホケキョ。

アダムコールが全く登場させてもらえなかった事が悲しい。

感想

新日本にしろWWEにしろYOUTUBEのコメント欄は非常に荒れ易いのですが、今回はOGとエリートとの抗争があった事もあり、いつも以上にキツいコメントが飛び交い選ぶのが難しかったです。

いろんな意見がありますが、OGとエリートの抗争の結末は観たかったというのが本当のところかもしれませんね。

タマトンガがいきなりグッドガイになったのはこの抗争に「許す」と言う結末を与えて一旦は終結したようにみせるためなのか?

それともグッドガイのストーリーは始まったばかりで思わぬ方向へ向かっていくのか?

ニュービギニングUSAではヒクレオが戻って来そうなので新鮮な絡みに期待したいです。

関連「History of the BULLET CLUB」海外ファンに人気の新日本プロレスの歴史シリーズが公開!

関連バレットクラブの裏切りの歴史を紹介した動画「Bullet Club Betrayals」が公開【海外の反応】

関連大人気History of the BULLET CLUBパート3が公開!ケニーオメガの時代へ【海外の反応】

関連“新日本プロレス米国公演”ケニーVSコーディ遂に決着!試合後に場内騒然の展開!【海外の反応】

関連「心が引き裂かれた」ゴールデン☆ラヴァーズvsヤングバックス、覚悟の一戦!【海外の反応】

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク