飯伏幸太が敗れる!今年のウィルオスプレイは怖い?を1.4東京ドーム【海外の反応】

出典:新日本プロレスHP

新日本プロレス最大の興行1.4東京ドーム「レッスルキングダム13」

今回はまさかの第一試合で組まれファンを驚かしたNEVER無差別級ヘビー級タイトルマッチ、

飯伏幸太VSウィルオスプレイの海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

レッスルキングダム13 飯伏VSオスプレイ【海外の反応】

redditよりソース 

1.海外のホーホケキョ。

素晴らしい試合。 あの首の場面は縮み上がったけども。

2.海外のホーホケキョ。

容易く5スターだ。

3.海外のホーホケキョ。

とんでもない第一試合だ。

彼らのやり取りはまさに芸術作品だ。

4.海外のホーホケキョ。

↑ウィルオスプレイが最後に飯伏にカウンターのスパニッシュフライを決めたやり取りは
美しいの一言だ。

5.海外のホーホケキョ。

残忍な試合だった。

血を流し驚くコータのシーンは凄まじかった。

6.海外のホーホケキョ。

どう反応すれば良いんだ?

マジで飯伏が無事な事を祈る。

7.海外のホーホケキョ。

いくつも信じられないようなシーンがあったが

ぶら下がった状態での平手打ちのしばき合いが素晴らしかったな。

8.海外のホーホケキョ。

↑あれは同時にとてもシンプルでとても革新的だった、気に入ったよ。

そして本当の新日本のやり方ではどちらかが顔を蹴られたところで終わるんだよな。

9.海外のホーホケキョ。

後頭部へのエルボーはえげつなかったな。

10.海外のホーホケキョ。

マジかよ、

飯伏は本当にノックアウトされたように見えたぞ。

11.海外のホーホケキョ。

すごい試合だったけど、エンディングが唐突じゃなかった?

コータの無事を祈る

12.海外のホーホケキョ。

第一試合だったのか、ワオ

13.海外のホーホケキョ。

早速名試合だ。

ドミニオンでリマッチするだろう。

14.海外のホーホケキョ。

オレの初めての新日本プロレスの試合で言わなければならない、

このヤバい試合を観たせいで今後も定期的に見始めるつもりだ。

15.海外のホーホケキョ。

結末が唐突だと思った人は他にもいるのか?

飯伏が怪我をしていない事を祈るよ。

吊り下げられた状態でのしばき合いは素晴らしかったが

16.海外のホーホケキョ。

マジでファンタスティックだった。

オレは最近レスリングに恋に落ちたんだが、この試合は完全に変えてくれたよ。

17.海外のホーホケキョ。

正直、今のオスプレイに恐怖を覚えているよ。

18.海外のホーホケキョ。

すべての逆転が気に入った。

彼らの動きは非常に滑らかだから、動きが逆転しているのかどうかさえ見分けることが困難だったよ。

19.海外のホーホケキョ。

オスプレイがジャーマンスープレックスから飛び抜けた後のビジュアルは素晴らしかったね。

しかし、彼が叫んでいる間に顔から血を流しながら振り返る飯伏は最高だった。

オスプレイの凄みが増した。

20.海外のホーホケキョ。

WRESTLE KINGDOM 13 in TOKYO DOME (January 4th) – Post-match Interview [1st match]
NEW JAPAN PRO-WRESTLINGより

21.海外のホーホケキョ。

ヘビー級ウィルオスプレイはマジで手強そうだ…そこにいるのはストロングスタイルの正当な門弟だ。

彼が鈴木、後藤、石井、EVILといったNEVERの常連と戦うのを目撃するのが待ちきれないよ。

22.海外のホーホケキョ。

↑オレはウィルオスプレイは2019年のG1に出場するだろうって予測してるよ!

23.海外のホーホケキョ。

彼の前腕はスゲぇデカイな!!!

24.海外のホーホケキョ。

↑それに気がついたのはオレだけかと思っていたよ。

25.海外のホーホケキョ。

↑彼がリング内でオレにラリアットしたらICU行きだろうな、ハハッ。

26.海外のホーホケキョ。

↑彼はヘビー級になる為に体重を増やしたからね。

27.海外のホーホケキョ。

↑飯伏が倒されても不思議じゃないな。

28.海外のホーホケキョ。

ケイオスを忘れるんだ、オスプレイ…バレットクラブに加わり、

ヘビー級になって、

そしてスイッチブレイドと共に呼吸をするんだ!

29.海外のホーホケキョ。

ウィルはセイバーJr.よりも凶悪に見える。

30.海外のホーホケキョ。

彼はゆっくりとヒールターンしていると思うな。

これがターニングポイントさ。

おそらくケイオスの裏切り物だと思う。

感想

もう少し反応を載せたかったですが、試合の方は最後のエルボーと脳しんとうで運ばれてしまった飯伏への心配のコメントが集中してしまい試合の中身の反応が少なめになってしまった印象。

飯伏は次期シリーズは欠場という事ですが、命に別状が無く安心しました。

脳しんとうなので無理せずしっかり休んで直してもらってまたこのカードをみせて欲しいですね。

しかしながらウィルオスプレイは試合もですが試合後のコメントは鬼気迫るものがありました。

今までももちろん凄みはありましたが、今回の試合後はまた少し質の違う怖さにも似た感覚を覚えました。

1.4の試合後動画では「飛び技だけの選手だと思っているようだが…」と言っているように、ヘビーで闘うからには今までのイメージだけでは無い事を証明しようとしているのかもしれません。

現に最近になってツイッターアカウントの名前のAerialの部分に斜線を引いている事からも以前の自分(ジュニアヘビー)から変わろうとする覚悟が見て取れます。

左の写真は新日本に来るよりもずっと前ですが、こんなにも人って変わっちゃうもんなんですね…

反則はしない事を宣言していますから簡単にバレットクラブに行くようには思えないのですが、今年のオスプレイは新日本においても、今まで以上に特別な存在になるような気がしました。

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク