オールエリートレスリングが正式に誕生!今後の新日本プロレスとの関係は?【海外の反応】

兼ねてから噂されていたヤングバックス、コーディ、ハングマンペイジ、マーティスカルそしてケニーオメガらTHE ELITEのメンバーによって、

ALL ELITE WRESTLING(オールエリートレスリング)の誕生が正式に発表されました。

“New Years Elite” – Being The Elite Ep. 132
Being The Eliteより

またALL INはDouble or Nothingに名称が変更された模様。

AEWとDouble or Nothingのさらなる情報は1月8日のジャクソンヴィルで明らかにされるそうです。

すでにグッズも発売中…

遂に誕生したオールエリートレスリング(以下AEW)、新日本プロレスとの関係は一体どうなるのかまだわかりませんが…

海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

オールエリートレスリング誕生!【海外の反応】

REDDITよりソース 

1.海外のホーホケキョ。

鳥肌が立ったよ!

2.海外のホーホケキョ。

ジェリコやオメガはロースターの一人になるのかなぁ。

3.海外のホーホケキョ。

↑オレはオメガはAEWをパートタイムで新日本をフルタイムでやるって想像してるけど、

誰にもわからないね。

4.海外のホーホケキョ。

↑両者ともいつかはAEWワールドヘビー級王者になるってわかるだろ?

5.海外のホーホケキョ。

↑ジェリコはインタビューで自分は関わっていないって言ってたけど、

1日か2日前に彼はインスタグラムで奥さんとミネソタバイキングスの試合を観賞している写真を投稿して、コメントの下で彼のチケットを手に入れてくれたトニーカーンへ感謝していたよ。

基本的に彼はいつもみんなに振る舞っている彼でいる訳だ、そして彼は100%AEWに関わっているだろうね。

6.海外のホーホケキョ。

↑現時点ではジェリコが言ってることの正反対を信じる方が一般的に安全だな。

7.海外のホーホケキョ。

2019年はすでに素晴らしいスタートを切ってるよ!

AEWはWWEとインパクトレスリングと真っ向から対決するつもりだな。

8.海外のホーホケキョ。

会社の初期段階としては、ROHと同じくらいのサイズになるのだろうか。

9.海外のホーホケキョ。

↑DVDを注文する以外に視聴方法があるとすれば、デフォルトでは初期のROHよりも大きくなると思うな。

10.海外のホーホケキョ。

↑彼らには億万長者のオーナーがいるからスタートの時点で2002年のROHより大きくなるだろうな。

11.海外のホーホケキョ。

ケニーは新しいBTEのエピソードに登場しなかったし、コーディ、ヤングバックス、ペイジ、ブランディ、SCUを含むTwitterページのDoubl or nothingの広告にも参加していないことには誰もが気付いているだろう。

おそらく別々に行動するんだろう、

言ってみただけだよ、

彼は新日本にとどまるつもりかもな。

12.海外のホーホケキョ。

↑ケニーはたぶん以前と同じことをしようとしているんだと思う…

ROHの代わりにAEWだけと働くのさ。

13.海外のホーホケキョ。

↑日本は、彼が今まさに必要としている場所なのかもしれないね。

14.海外のホーホケキョ。

↑(12)おそらくどちらかと言うと…単発のインディーズショーのオールインの時のようになるんだと思う、そしてAEWは本格的なプロモーションだ。

彼の契約はレッスルキングダムを経由するからおそらく現時点では他の会社の宣伝をすることができないんだろ。

15.海外のホーホケキョ。

↑彼は現在のIWGPヘビー級チャンピオンだぞ。

16.海外のホーホケキョ。

↑All Inと同じように、AEWはコーディとバックスの“ベイビー”さ。

オメガはサポートとしては存在するが、直接的な影響としては存在ないんだろ。

17.海外のホーホケキョ。

今彼らが本当に物事を進めるために必要なのは優れたTV契約だね。

それなしではもう一つのROHかインパクトになるだけだ。

18.海外のホーホケキョ。

メルツアーによると、審議中の複数のテレビ局のオファーはあるがまだ何もサインしてないらしいよ。

19.海外のホーホケキョ。

@AEWrestlingのツイッターアカウントで現在フォローしている13アリーナ。

Fiservフォーラム(ミルウォーキー)
リトルシザーズ(デトロイト)
PNC(カロライナ)
T-モバイル(ラスベガス)
The Q(クリーブランド)
キー(シアトル)
スムージーキング(ニューオーリンズ)
トヨタセンター(ヒューストン)
ターゲットセンター(ミネソタ)
ウェルズ・ファーゴ(フィラデルフィア)
ペプシセンター(デンバー)
フォーラム(LA)
シアーズ(シカゴ – 1回目のALL inのホーム)

追記:彼らはTwitterのアカウントをアップデートしてる。
さらに10人の人々をフォローしたよ。

ファットアスマサ
SCU:ダニエルズ
SCU:カザリアン
SCU:スコーピオ
ブランディーローデス
ハングマンペイジ
バックス:マット
バックス:ニック
ALL INのツイッターアカウント
コーディ

20.海外のホーホケキョ。

↑デタラメな憶測をするよ。

Double or Nothingのロゴは、デトロイトタイガースのロゴのような形をした「D」だね。

あと2つの積み重ねられたポーカーチップはラスベガスにピッタリだ。

どちらも意味のない事だが、1月8日の火曜日に行われるジャクソンビルでさらに多くの情報が明らかになるだろうね。

22.海外のホーホケキョ。

ケニーがレッスルキングダムで防衛するなら、新日本との協力関係があるってわかるな。

23.海外のホーホケキョ。

そして彼らにはすでにメルツアーという強力な広報がいるぞ。

24.海外のホーホケキョ。

彼らが彼らのグッズのツイッター投稿にトニーカーン(ジャガーズ&フルハム FCの共同オーナー)をタグ付けていることに気付いた。

25.海外のホーホケキョ。

彼らがテレビ契約をして良い商品を扱ってくれるのであれば、きっとオレは見るよ。

26.海外のホーホケキョ。

オレが初代AEWチャンピオンになれるかな?

27.海外のホーホケキョ。

2019年は面白くなりそうだ。

WWE / NXTからAEWに向けて去っていく才能が沢山いるだろう。

特に彼らがターナーとの契約をしたらもっと面白くなりそうだ。

28.海外のホーホケキョ。

ROHとAEWが仕事関係を持つことになったら、新日本プロレスがツイッターをフォローするだろうね。

1月のエリートの動向に注目!

裏方に加わると噂されているBJホイットマーもAEWの投稿をしましたね。

ヤングバックスは未だにAEWとは契約してない様ですが、おそらくROHとの契約が12月31日一杯だったからなんじゃないかって予想されていました。

一番気になったのはオールエリートレスリングのツイッターのフォロワーでしょうか。

アカウントが出来たばかりなのに一気に13ものアリーナ会場をフォローしています。

これが意味する事とは?ALL INのような単発ではなく複数公演の可能性でしょうか?

ただ会場の規模が大きい事を考えると前もって関係性を築いているだけな気もしますが、

後ろにいるカーンファミリーの存在を考えると、これくらいの会場は簡単に出来る規模にするって宣言しているような気さえしてしまいます。

ここにカーンファミリーの資金力でジェリコが当たり前のように絡む展開になり、世界中の有能な選手を集めだしたらなんて想像すると、やはりとんでもない団体が誕生したなって思っちゃいますが、

果たしてケニーをはじめとしたエリートメンバー、そして新日本プロレスとはどのように関わって行くのでしょうか?

WONによるとエリートのメンバーは新日本プロレスとの関係を続けたがっているという噂も目にしましたが、さらなる情報は1.4レッスルキングダム13を経て、翌日の1.5後楽園ホール、

そして1月8日のジャクソンヴィルで明らかになるはずです。

関連オールエリートレスリング誕生の噂に海外ファンも騒然!新日本プロレスは大丈夫か?

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク