ケニーオメガがBTEで“Kenny’s Quest”を公開した意図とは?【海外の反応】

本日はレッスルキングダム13のメインイベントのケニーオメガVS棚橋弘至を前に、
BEING THE ELITEのYOUTUBEアカウントで公開されたUndertaleのトビーフォックスとコラボレーションしたケニーの趣味全開の“Kenny’s Quest”の海外の反応を紹介します。

“Kenny’s Quest”
Being The Eliteより



スポンサーリンク

Kenny’s Quest【海外の反応】

YOUTUBEよりソース 

1.海外のホーホケキョ。

オレはこのゲームをメチャクチャやり込むつもりだ。

2.海外のホーホケキョ。

今までで最も速くクリックしたよ。

プロレスを救って世界を変え続けてくれているBTEに感謝するよ、

ところでこのビデオが気に入ったよ。

3.海外のホーホケキョ。

ヤベェ、こいつは今までで最高の出来事だよ。

ケニー、トビー、そしてテミー!

NJPW xUndertale

ワオ!

4.海外のホーホケキョ。

トビーフォックスの名前を見たら、すぐに “新日本プロレスのUndertaleみたいなゲーム“が思い浮かんだ…すげぇ今、プレイしてみたくなったよ。

5.海外のホーホケキョ。

レッスルキングダムの幸運を祈っているよ。

6.海外のホーホケキョ。

これはオレが今まで見た中で最も健全なことかもしれない。

ゴーケニー

7.海外のホーホケキョ。

“タナハシはNJPW会長(社長)のちからをつかった!”

8.海外のホーホケキョ。

undertaleよりケニーズクエストだな。

9.海外のホーホケキョ。

つまり、ケニーはヒーローになりたいのけど

タナと会社は彼をヒールにしたいってことか?

10.海外のホーホケキョ。

↑そんな気がする。

11.海外のホーホケキョ。

↑ヒールのタナはきっとカッコいいだろうね。

12.海外のホーホケキョ。

誰かケニーズクエストをこれと同じスタイルでフルゲームにすることはできないのか?

13.海外のホーホケキョ。

最初はケニーがエピソードで「Angry Video Game Nerd」のまねをするのかと思ってたよ…

14.海外のホーホケキョ。

このゲームを注文したいんだけど。

15.海外のホーホケキョ。

ケニーがタナハシを倒すだろうな。

16.海外のホーホケキョ。

これは本当に心が張り裂けそうだった。

ケニー、君はオレたちのヒールになることは決してないよ、

そしてオレたちは君が取るあらゆる旅を通してサポートするさ。

17.海外のホーホケキョ。

最近誰かがUndertaleをやり過ぎたんだと思うな。

18.海外のホーホケキョ。

つまり…飯伏はアズリエルってことか?

理解したぜ。

19.海外のホーホケキョ。

この動画をタマにみせるんだ!

20.海外のホーホケキョ。

ケニーが棚橋を倒して新日本プロレスの新しいエース(そしてベビーフェイス)になるだろう。

22.海外のホーホケキョ。

よくできたプロモーションビデオだ!

NJPWで放送できないのは残念だ。

明らかにトビーによって多くの作業がされているね。

秋葉原のスーパーポテトで最初のシーンを撮影したようだな。

オレはあのカウンターに見覚えがあるよ!

23.海外のホーホケキョ。

今はタナズクエストもちょっと観てみたいな…

24.海外のホーホケキョ。

ピクセルアートのマットはファイナルファンタジーのボスみたいだね。

25.海外のホーホケキョ。

スーパーポテトじゃないか、この場所が恋しいよ。

26.海外のホーホケキョ。

この動画は寝るのを遅らせる価値があった。

ケニーはなぜUndertaleを選んだのか?

年内最終戦のケニーの試合後のマイクで、もうイデオロギーはどうでも良いって人もいるでしょうが、ELITE側の動画で煽っているって事はこの視点でも観て欲しという気持ちがあるのだと捉えて考えてみました。

なぜケニーは今回のメインイベントのプロモにこのゲームを選んだのでしょうか?

この動画の最後では「現実の世界は殺すか殺されるか」というメッセージを残しましたが、
殺すって事はどちらかが死ぬってことですから、今回のイデオロギー闘争に当てはめるのならば、死ぬ=破れた方の価値観が完全に否定される事を意味しているようにもとれます。

ただ、Undertaleは「誰も死ぬ必要のないやさしいRPG」と呼ばれているだけあって、敵を倒す事も出来ますが、ゲームの世界のケニーのように相手を見逃したり話し合ったりして戦闘を回避することも出来るのが特徴の一つで、主人公のとる選択によってエンディングが変わるそうです。

ただプロレスラーである以上、闘う事は避けられないでしょうが試合の中で語る事は出来るはずです。

ケニーと棚橋が東京ドームでどんな試合をしてどんな結末を迎えるのか…

このゲームをプロモーションに使った事で第3の道の可能性を暗示している気がしました。

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク