新日本が!タマトンガが!ロマンレインズへの団体を越えた激励コメントに海外から賞賛の声!

(現地時間)10月22日放送のロウでユニバーサル王者、ロマン・レインズが11年前から付き合って来たという白血病が再発したことを告白し世界中のファンにショックを与えています。

Roman Reigns relinquishes the Universal Title to battle his returning leukemia: Raw, Oct. 22, 2018
WWEより

同時に自信が持つユニバーサル王座の返上も明らかにしていますがレインズは

「これは引退のスピーチではない。もう一度白血病をやっつけて俺は戻ってくる」

と闘病後の復帰をファンに約束しました。

世界中のWWEファンからレインズを応援するコメントが寄せられていますが、他団体である新日本プロレスの英語版公式ツイッターや新日本プロレスに所属する選手たちもレインズへコメントを寄せています。

今回はこのような団体を越えた激励コメントに対するファンの反応を紹介したいと思います。



スポンサーリンク

ロマンレインズへ団体を越えた激励コメントが

redditよりソース  ソース

1.海外のホーホケキョ。

チャンピオンはいかなる会社をも越えた存在だ。

ロマンレインズ、新日本プロレスを代表して私たち皆があなたの迅速な回復を願っています。

2.海外のホーホケキョ。

さまざまな企業やプロモーションによって分かれてはいるが、

人類である事によって団結出来るんだね…

プロレスリングのファンとしてあなたのツイートに感謝するよ。

3.海外のホーホケキョ。

これはプロレスの企業、チャンピオンシップやキャラクターについてのものではないよ。

新日本の真に優れた行いがここで行なわれているんだ。

4.海外のホーホケキョ。

立派だね。

キャラクターを越え、企業を越え、レスリングを越えたものだ。

人を気遣う人たちさ。

5.海外のホーホケキョ。

これには多大な敬意を示すよ。

6.海外のホーホケキョ。

とても一流な行為だね。

7.海外のホーホケキョ。

レスラー、プロモーター、会社に関係なく、

オレたちはこのクレイジーなビジネスの中で全員が家族なんだ。

これこそ新日本だ。

8.海外のホーホケキョ。

これは純粋に素晴らしい。

新日本を誇りに思うよ。

9.海外のホーホケキョ。

これを見たら目がチョー汗まみれになったよ。

10.海外のホーホケキョ。

大規模な敬意ってのは、世界の国籍や働いている場所に関係なく、

偉大な人物がどんな風に影響を与えて来たかってのを示しているね。

11.海外のホーホケキョ。

これこそがオレがプロレスが好きな理由さ。

12.海外のホーホケキョ。

全てのギミックは一旦置いといて、オレの祈りと想いはお前と共にあるぞロマン。

いつだって兄弟みたいなもんだぜ。

13.海外のホーホケキョ。

全てのバレットクラブ民がロマンの為に祈っているよ。

14.海外のホーホケキョ。

最高のユニットであるシールド&バレットクラブだが、

オレの祈りはロマンに向かっているよ。

15.海外のホーホケキョ。

これだ。

オレはタマが何んて言うか見守っていたがもちろん彼は驚かしてくれた。

とても立派な行動だ。

16.海外のホーホケキョ。

タマと新日本は一流だね。

17.海外のホーホケキョ。

オレはもう君を尊敬できるとは思わなかったが、

本当に尊敬するよ。

18.海外のホーホケキョ。

レスリングの楽屋では、政治と怨みが依然として存在し、

団体間の対抗意識がそこに存在するって事は隠す必要の無い事だ。

だが、ロマンの回復を願ってみんなが一丸となることはとても素敵だ。

それこそがレスリングを非常に特別なものたらしめてくれているよ。

19.海外のホーホケキョ。

カモーン#ビッグドッグ。

お前のもう一つの闘いが終わったら、もう一度これをやろうぜ。

関連快挙“中邑真輔”ロイヤルランブルを制しレッスルマニアでWWE王座へ挑戦表明!【海外の反応】

団体を越えたリスペクトに感動

正直ロマンレインズの時代のWWEは全くみていなかったので、中邑真輔をきっかけに久しぶりに観たら、彼がWWEの顔になっていたと言う流れでレインズを知りましたが、

団体を越えてレインズへのリスペクトが起こっている事が彼のやり遂げて来た事の偉大さを物語っているように感じます。

選手たちの涙をみていると彼がどれだけ裏で愛さされていたのかが伝わってきますね。

そして新日本プロレスで今最も凶暴なタマトンガもまさかのコメント。

G1あたりからツイッターで激しくやり合っていたとおもったら、今回のように真っ先に激励したりと、サモアンの繋がりの大きさを感じましたね。

今後レッスルマニアの事などを考えるとローマンの不在はかなりの動きが生まれる様に感じますが一体どうなってしまうのか?

一つだけ確かなのはレインズがロウに戻って来たときWWEは新たなピークを迎えると言う事でしょう。

そのときレインズはどんな存在になるのか、レインズの早期回復を祈っております。

関連【WWE】“US王者”中邑真輔VS“伝説”ミステリオが激突!抗争へ繋がるか!?【海外の反応】

関連タマトンガが語る、ケニーオメガらを襲撃した理由、Firing Squadとは?【海外の反応】

関連鈴木みのる「オカダ・カズチカが新日本プロレスを成功に導いた」を読んだ海外の反応。

プロレスブログを応援しよう!
(1日1クリック有効)


人気ブログランキング



スポンサーリンク