これぞ男の闘い!石井VS後藤、タマトンガ大暴れ!G1クライマックス28【海外の反応】

出典:新日本プロレスリング:HP

本日は7月21日に後楽園ホールで行なわれたG1クライマックス28のBブロック3日目の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

G1クライマックス28、Bブロック7.21【海外の反応】

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

後藤は2試合連続で5スターマッチになりそうだな。

(前回のケニー戦がWON評価で星5つだった)

2.海外のホーホケキョ。

あの試合を観た後にどうやって寝ろというんだ?

3.海外のホーホケキョ。

オレは石井 vs後藤がG1のここ4年間で最も後に延ばされて来た試合だって幾度となく言い続けてきた。

ついにメインイベントとして彼らに相応しい試合時間を得ることが出来たんだ。

4.海外のホーホケキョ。

↑後藤VS石井は去年の1日目も素晴らしい試合をやってくれたが、

残念なことに内藤VS飯伏の影に隠れてしまったね

5.海外のホーホケキョ。

↑いつも他の試合の陰に隠れるような位置づけだったんだよね。

オレは2015年からコイツ等がメインイベントを張って欲しいって思っていたんだ。

6.海外のホーホケキョ。

新日本プロレスを観るために夜明け前に起きた理由を見せる何かがが必要な場合は、この対決を示すんだ。

7.海外のホーホケキョ。

5スターかそれ以上のものを期待していたけど。

噛み付かれたね。

8.海外のホーホケキョ。

まて、オレの石井のスピーチはどこだ?

9.海外のホーホケキョ。

↑彼が言いたい事は全て試合の中で語ったよ。

10.海外のホーホケキョ。

彼らの闘いにガッカリする事は決して無いね。

正に純粋な闘いだ。

5スターだぜ。

12.海外のホーホケキョ。

↑ああ、純粋な戦いだね。

特にケニーとタマを見た直後は…

13.海外のホーホケキョ。

オレの考えでは、これは今まで観て来た中で最高のG1になるペースだ。

14.海外のホーホケキョ。

石井は試合後のコメントなんてクソ食らえっていったんだな。

15.海外のホーホケキョ。

コメディーマッチ

テクニカルレスリングマスター部門

古典的なベビーフェイスVSヒールの試合

ストーリーを押し進める闘い

純粋でクラシックな男臭い闘い

Bブロックは何度も上手くやってのけてるね。

16.海外のホーホケキョ。

後藤がトーナメントMVP級の活躍を見せているね。

17.海外のホーホケキョ。

この試合は141+510で

651スターの価値があるよ。

18.海外のホーホケキョ。

この試合の前のオレ「メインイベントにしては変なチョイスだな」

試合後のオレ「ドームでやれ」

19.海外のホーホケキョ。

マッチオブザG1だ。

20.海外のホーホケキョ。

石井に後藤、

最高の誕生日プレゼントをありがとう。

21.海外のホーホケキョ。

これは完全に100%ニュージャパンだわ!!

22.海外のホーホケキョ。

サナダはただじっと爆発を待っている主要なベビーフェイススターだね。

23.海外のホーホケキョ。

ムーンサルト、パワームーブ、テクニカルレスリング、最高のモヒカン、すばらしいファッションセンス、ハンサム…(夢見心地のため息)

なぁ、サナダは本当にすべてを持ち合わせているな。

24.海外のホーホケキョ。

レッドシューズはオレたちに相応しくないヒーローだ。

しかし、クッソっ、

タマがオメガをイスに向かってスタイルズクラッシュするのが観たかったなぁ。

出典:新日本プロレスリング:HP

25.海外のホーホケキョ。

レッドシューズをCブロックに参加させるのは手遅れかな?

26.海外のホーホケキョ。

スタイルズクラッシュ未遂!

ストーリーテリングが気に入っているよ!

27.海外のホーホケキョ。

オレは新参者だけど既に棚橋が気に入っているよ

28.海外のホーホケキョ。

↑彼を嫌うなんて不可能だね。

生きる伝説さ。

29.海外のホーホケキョ。

サナダがザックを切り返す度に観客が「おぉ〜〜」って言うのが気に入ってる

30.海外のホーホケキョ。

くそっ、

G1が終わったらジュースは全てのタイトル挑戦を追わなければいけなくなりそうだな。

31.海外のホーホケキョ。

タマ良い試合してた。

32.海外のホーホケキョ。

この試合は内藤はヒールの方がどれだけ素晴らしいかを教えてくれた。

Bブロックは今日もすばらしい試合を連発

今回の英語解説席にはツイッターで新日本プロレスの試合やニュースを英語に翻訳して呟いているChris Charlton氏が翻訳の仕事で雇われた?ようで、日本語と英語の両方が分かる協力な英語解説の助っ人に多くの海外のファンが喜んでいました。

バレットクラブの争いはまだまだ序章といった感じですね。

タマのスタイルズクラッシュを見たかった人が沢山いたようで、阻止したレッドシューズ海野レフリーが珍しく責められていました。おまけのガンスタンまで食らって散々でしたね。

関連タマトンガが語る、ケニーオメガらを襲撃した理由、Firing Squadとは?【海外の反応】

何と言っても盛り上げたのはメインイベントの後藤vs石井の試合。

これまでのG1の試合でベストに上げる人が沢山いたとんでもない試合となりました。

試合前は、なぜケニーとタマがメインじゃないんだ?と言った声が結構ありましたが、見事に黙らせましたね。

サナダのポテンシャルの高さに驚いた人が沢山いた様です。今年こそ大爆発はあるのか?

もし、LIJの直接対決を制し、内藤の連覇を止めるのがサナダになったら相当なインパクトが残るかもしれませんね。

そして矢野は3試合目でフェアプレーを放棄?で飯伏に勝利。

早くも噂されていた悪質タックルを使ってしまいました。ここから先はいつもの矢野通に戻ってしまうのか?

でも悪質タックルはローブローからの繋でこれから頻繁に使いそうですね。

関連オカダVSペイジ、棚橋VSファレ他、海野レフリーの判定に歓喜!G1クライマックス28【海外の反応】

関連タチが悪いジェイホワイトに注目!G1クライマックス28開幕戦Aブロック2日目【海外の反応】

関連初戦でケニーオメガVS内藤哲也が激突!G1クライマックス28Bブロック開幕戦【海外の反応】

関連Bブロックはベストブロック?ケニーvs後藤・内藤vs石井!G1クライマックス28【海外の反応】



スポンサーリンク