新日本攻めまくり!G1クライマックス28 ブロック分け、対戦カード発表!【海外の反応】

34.海外のホーホケキョ。

出典:新日本プロレスリング:HP

今回のG1はよさそうだな。

Aブロックの決勝として棚橋VSオカダの対決になれば面白そうだ、

面白い結果に終わるかもしれないな。

35.海外のホーホケキョ。

↑G1の伝統でドローになるだろうな。

36.海外のホーホケキョ。

↑ドローになれば恐らくEVILか鈴木あたりを決勝にするだろうね。

37.海外のホーホケキョ。

↑Aブロックは鈴木だと思っているよ。

38.海外のホーホケキョ。

Aブロックは、将来的にプッシュする選手のためにいくつかのテストをしようとしているような気がするな。

一方、Bブロックは、飯伏と内藤の2人のレースになるかもしれない。

39.海外のホーホケキョ。

非現実的だ。

友達と一緒に行くG1決勝のプレオーダーと共に8月8日の横浜文化体育館を確保したぞ。

チケットはすべて完売すると思う、特に決勝戦はね。

ヤベェな、興奮しているよ。

40.海外のホーホケキョ。

↑矢野VSオメガの試合をゲットしたんだな

よくやった。

41.海外のホーホケキョ。

↑もちろんわかってるさ

友達とカードの発表を観ていて二人でひっくり返ったよ。

内藤vsSANADAもね!

LIJ vs LIJだぞ!!!

出典:新日本プロレスリング:HP

42.海外のホーホケキョ。

つまり8月11日のショーは、

オメガvsイブシvsイブシの首vsオメガの首の4wayマッチになるんだな。

クールだね。

43.海外のホーホケキョ。

EVILが再びオカダを破るだろう。

44.海外のホーホケキョ。

オレが昨日言ってたように、初日にジェイホワイトがオカダを倒すだろうね。

45.海外のホーホケキョ。

飯伏はもう武道館立ち入り禁止じゃないんだな?

46.海外のホーホケキョ。

↑そうみたいだね。 菅谷直樹会長が武道館の運営を説得してくれて、飯伏が試合出来るようにしてくれたんじゃないかな。

47.海外のホーホケキョ。

↑待ってくれ、何で彼は武道館を出禁になってるんだ?

正直その件に付いて全く知らないんだけど。

48.海外のホーホケキョ。

↑彼はバルコニーからジャンプするなって言われたから

バルコニーからムーンサルトをしたのさ。

49.海外のホーホケキョ。

↑飯伏は絶対狂人だろ、

何を期待してたんだか。笑

50.海外のホーホケキョ。

飯伏vsZSJと内藤vsオメガが同日だと。 マジかよ

さらに、オカダvsハングマンページは信じられないものになるだろう。

51.海外のホーホケキョ。

オカダは最初の2、3試合で負けて、そこから強烈な連勝を観れると思う。

52.海外のホーホケキョ。

今年は岐阜は無いのか、驚いたよ。

会場は一杯だったし、グッズの売れ行きも好評そうだったのに。

53.海外のホーホケキョ。

舞台は8月8日に整ったようだな。

矢野vsオメガ2

オレたち皆が待ち望んでいた試合だ。

54.海外のホーホケキョ。

オレが最も興奮した試合はオメガvs後藤かな

2016年の彼らの試合は素晴らしかったからね。

55.海外のホーホケキョ。

この大会が始まるのがワールドカップが終わるのとほぼ一緒だって事が気に入っている。

史上最高の夏だよ。

56.海外のホーホケキョ。

SANADAが内藤を倒すな。

57.海外のホーホケキョ。

飯伏vsSANADAはハンサム過ぎる試合だな。

58.海外のホーホケキョ。

オレの考えるいくつかの見過ごされているが面白くなるであろう試合。

  • 棚橋弘至vsハングマンペイジ:新しいG1参戦者vsエース!
  • ジュースロビンソンvs矢野通:優れたコメディーマッチ!
  • マイケルエルガンvsバッドラックファレ:男臭い戦い!
  • 後藤洋央紀vsザックセイバー:スタイルの衝突 – 楽しいはずだ!
  • 飯伏幸太vsタマトンガ:敬遠しているBCメンバーと彼らと対立している一人のグッドストーリー!

59.海外のホーホケキョ。

石井vs矢野はオレ的には必見だわ。

60.海外のホーホケキョ。

何故再びオカダvs棚橋をやるんだろう?

61.海外のホーホケキョ。

↑たぶんオカダにちょっとした刺激を与えるためじゃないか?

彼はタイトルを失ってから憂いで、方向性がない様にみえるからね。



スポンサーリンク

サプライズ満載のブロック分けと対戦カード!

最注目はやはり武道館でのケニーオメガvs飯伏幸太が圧倒的にコメントを集めていました。

個人的にもG1では当てないと考えていたのでサプライズでした。

多くの人が期待していた二人のドリームマッチが僅か30分だけとなると、今回は海外ファンの予想しているドロー決着もあり得そう。

Bブロック初日でケニーVS内藤という去年の決勝カードをやるのはとんでもないインパクトですね。

ケニーはまたしてもタマトンガと闘う事になったのでバレットクラブのストーリーも動きそうな気がします。

コーディとはカウパレスで決着がついているでしょうから、タマとの一戦はどういった意味が生まれるのか注目。

Aブロックはオカダvsジェイホワイトでケイオス周辺が慌ただしくなりそうな予感がします。

同じくケイオスのヨシハシが2人とどう絡むのか気になるところ。

どんたくで一区切りかと思った棚橋VSオカダがこんなに早く実現するとは思いませんでしたが、常に感動が生まれるこのカードがどんな物語をみせてくれるのか、そして最年長の暴走キングコング真壁の活躍にも期待。

鈴木軍ではボスVSジェイの初対戦、トップレスラーばかり仕留めているザックがケニーまで倒してしまうのかが気になります。

LIJではBブロックの内藤vsSANADAが最も注目されていました。

ただAブロックのEVILも期待されているジェリコとの一戦を実現させる為には半端な成績では終われないはずですので個人的には去年以上の活躍をするのではないかと予想しています。

今年は外国人レスラーが8人と多いので、海外ファンにとっては今まで以上に感情移入しやすいG1となりそうです。

関連【新日本プロレス】G1クライマックス28出場選手20人を発表【海外の反応】

関連掴みはバッチリ!新日本プロレスのハロルドメイ新社長がリングに登場!【海外の反応】

関連ゴールデンエリート誕生!ケニーvsコーディ米公演で決着戦か?BEING THE ELITE ep.106【海外の反応】

関連V12!心を動かす名試合!オカダカズチカvs棚橋弘至!レスリングどんたく5.4【海外の反応】

応援よろしくお願いします。
(1日1クリック有効)


プロレスランキング



スポンサーリンク