EVIL & SANADAがKESの圧倒的猛攻を耐えぬきタッグベルト防衛!4.29火の国【海外の反応】

出典:新日本プロレスリング:HP

今回は新日本プロレスの4月29日に行なわれたレスリング火の国 2018、熊本大会、IWGP ヘビータッグ王座戦、KES(ランスアーチャー&デイビーボーイスミスジュニア) vs EVIL & SANADAから海外の反応を紹介します。

スポンサーリンク




KES vs EVIL & SANADA

redditのコメント欄より:ソース 

1.海外のホーホケキョ。

【KESのキラーボムオンデスク!から】

日本のテーブルでの受け身はいつだってスゴイ残忍なんだよな。

2.海外のホーホケキョ。

ヤバい、テーブルがボロボロになっちまったよ。

3.海外のホーホケキョ。

SANADA、その狂った一撃を受けるのはやめるんだ。

4.海外のホーホケキョ。

新日本のテーブルはマジで危険だよ。

5.海外のホーホケキョ。

コメンテーターはまさにミームでテーブルはメイドインジャパンだと言及したね。

ナイス。

6.海外のホーホケキョ。

↑高い構造的な完全性を備えたテーブルを作ることには恥ずべきことではないよ。

7.海外のホーホケキョ。

奇麗な日本製のテーブルブレイクは今まで2度見たことがある

レッスルキングダムのジェリコと最後のロードトゥ東京ドーム2016のオカダへの片翼の天使だ。

8.海外のホーホケキョ。

矢野はランスがギミック(コーナーを外す行為)を盗んでしまったから、怒ってるに違いない。

9.海外のホーホケキョ。

SANADAは生きているぞ!

10.海外のホーホケキョ。

KESのマジックキラーはアンダーソンとギャローズのより良く感じるな。

11.海外のホーホケキョ。

恐らくランスとスミスがほぼ同じくらいの高さなのが助けになっているんだろうね。

12.海外のホーホケキョ。

レフリーは今夜沢山散々な目に合ってるな。

13.海外のホーホケキョ。

オレは王様と鈴木軍に忠誠を誓ってるがEVILとSANADAに勝って欲しいよ。

14.海外のホーホケキョ。

【アーチャーパイプ椅子に誤爆】

出典:新日本プロレスリング:HP

SANADAは生き残ったが、アーチャーは今逝ってしまった。

15.海外のホーホケキョ。

アーチャーのご冥福をお祈りするよ。

16.海外のホーホケキョ。

出典:新日本プロレスリング:HP

イェーLIJの防衛だ!

エヴリシングイズイービル!

17.海外のホーホケキョ。

KESが勝つんじゃないかと心配したよ。

オレはEVILとSANADAが長い間統治してくれることを願ってるよ。

彼らは素晴らしいチームだ。

18.海外のホーホケキョ。

ゴールデンラヴァーズがSANADA&EVILの次の対戦相手か?

19.海外のホーホケキョ。

↑GODだろ

20.海外のホーホケキョ。

↑恐らく違うと思うぞ、彼らはまだ忙しいからね。

20.海外のホーホケキョ。

↑おそらく矢野と石井だろ。

彼らはたくさんの勝利を収めてるし、ラヴァーズはまだバレットクラブに夢中だからね。

21.海外のホーホケキョ。

ドミニオンはLIJvsヤングバックスを期待してるぜ。

22.海外のホーホケキョ。

アーチャーがイスに突っ込んだところは残酷だったな。

23.海外のホーホケキョ。

個人的なハイライトはバックフリップからドラゴンスリーパーの移行だな。

SANADAの動きはとても滑らかだよ。

24.海外のホーホケキョ。

SANADAは死んで、生き返った後、試合中に再び死亡して、

勝利した時のみ復活してたね。

彼とEVILは今夜とても頑張ったよ。

25.海外のホーホケキョ。

KESとLIJ(EVILとSANADA)は、お互いに最善を尽くしたよ。

彼らの試合は残酷な闘争だった。

26.海外のホーホケキョ。

今夜のKES vs EVIL & SANADAの試合はレッスルキングダムの試合よりお気に入りになったよ。

EVILは危険にさらされて成長したね。

27.海外のホーホケキョ。

KESが勝つ事を期待していたが、EVILとSANADAが彼ら相手にとても上手く闘ったよ。

28.海外のホーホケキョ。

夏に備えてランスアーチャーの着ていたKESのタンクトップが必要だ。

今回もひたすら耐え抜いたEVIL & SANADA

レッスルキングダム12ではSANADAがしばらくの間一人で耐えぬき、今回はEVILがSANADAがテーブル葬で戦闘不能になった間しばらく耐え抜くという展開に。

とはいってもEVILも耐えてる間にひたすら技を受けまり、そのタフさに良く生き残ったと感心するばかりでした。

ちなみに海外ではSANADAのテーブル葬が一番衝撃的だった様です。

KESはレッスルキングダム12同様、終始圧倒的な化け物感でしたが、この二人を倒す為にアーチャーの自爆とEVILのパイプ椅子ホームランを使用した今、彼らと3回目の対戦をしたら今度は一体どういった展開になるのか気になるところです。

このツアーでのKESはノリノリで本当に楽しませてもらいました。

ファレがいなかった分、新日本プロレスにとって、このツアーであの「デカさとコワさ」は多いに助けになった事でしょう。

すぐにでも戻ってきて欲しいですね。

 応援よろしくお願いします。

(1日1クリック有効)


プロレスランキング

スポンサーリンク




コメント

  1. 匿名 より:

    KESは圧倒的過ぎて、負け試合はどう説得力出させるかが難しいね
    でも、ヘビー級の華であるダイナミックなパワーバトルが見られるから参戦して欲しいよ

  2. 匿名 より:

    KES含め鈴木軍は今のってる感じがするけど、LIJは皆疲れてきちゃってる感が😓
    人気だからって乱発しすぎで扱いが雑な気が…

  3. 匿名 より:

    海外のテーブル→クッション 日本のテーブル→凶器
    ハッキリわかるんだね。

    KESはスミスJr.の件もあったのかな。
    とりあえず面倒事を解決してまた戻ってきて欲しい。

  4. 匿名 より:

    マジな話 なんでアメプロのテーブルはグシャるんだ?
    ダッドリーズのあれとか