【鈴木軍】デイビーボーイスミスJr.がコーヒーを投げかけて指名手配に…【海外の反応】

現在、新日本プロレスの「Road to レスリングどんたく」でランスアーチャーと共にKESとしてタッグを組んで活躍中の、デイビーボーイ・スミス・ジュニア。

レッスルマニアウィークエンド中に同じくレスラーであるジェイク “ザ・スネーク” ロバーツと口論になった際、コーヒーをロバーツに投げつけたことで、現在ニューオリーンズ警察に指名手配されてしまったそうです。

発端はジェイクロバーツがスミスJr.の父親を侮辱した事に対して謝罪を求めた事から始まった様ですが…。

という訳でこの話題の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

デイビーボーイスミスJr.が指名手配に…

redditのコメント欄より:ソース 

1.海外のホーホケキョ。

スミスはWrestleZoneのインタビューに対し、ロバーツがブリティッシュブルドッグ(ハリーの父親)についてアンチなコメントをしたことを謝罪せず、争いの相違を解決するために席を外すことを拒否したんだと話した。

スミスはジェイクがその時点で彼に対して “ク◯くらえ!”と言ったので、彼の顔にコーヒーをかけることになった。

2.海外のホーホケキョ。

最後にデイビーボーイスミスJrのニュースを見たときは、

彼はちょうど自殺しようとする女性を止めていた。

今、彼はジェイクザスネークの顔にコーヒーを投げたいと思っていたのか。

なんて奇妙な世界だ。

3.海外のホーホケキョ。

↑彼に女性が救われたときはブラジル最大のニュースウェブサイトですらニュースになったんだよ。

これは本当に奇妙なことだね。

4.海外のホーホケキョ。

彼はおそらく考え過ぎずに本能に基づいて行動するんだろう。

凶器を持った人が自殺するのを防ぐために(殆んどの人は怖がるかショックを受けるが)、対立しているときはそれほどではないんだろうな。

彼がここで何をしたとしても、女性を救ったことはそんな事よりはるかに重要だよ。

5.海外のホーホケキョ。

(2)なんて奇妙な世界だ

ああ、それは人々が良い事と悪い事の両方を出来るようなものだね。

6.海外のホーホケキョ。

62歳の元病人と喧嘩しようとしたのか、タフな男になって欲しいものだね。

7.海外のホーホケキョ。

↑彼はたったの62歳なのか?

15歳は年をとってるように見える。

8.海外のホーホケキョ。

彼の父親の誇りを守ろうとした事は尊敬するが、

遥かに年をとった男と喧嘩しようとしたのは少し痛々しいな。

9.海外のホーホケキョ。

↑喧嘩させようとして相手怒らせるような言葉を言っちゃうのは痛々しいね。

10.海外のホーホケキョ。

↑一本とられたよ。

11.海外のホーホケキョ。

↑いいや、オレは反対の意見だ。

オレは喧嘩を売った事は尊重出来ると思うよ。

「お前はオレの父を貶したのか? 外に出ようか。 お前に勇気があればオレに付いてこいよ」

そう言って、戦いは拒否された、それは尊重されなければならないことだった。

ここがスミスの失敗したところさ。
最悪のケースだったコーヒー事件は起こらなくても、スミスは男達の前にジェイクを再び呼び出し「臆病者」という点で叩くことができた。

二言目のジェイクは喧嘩することに反対したから(喧嘩したら負ける事を認めた)、スミスは勝利を確信して、離れていく責任があったと思うが、

代わりに、彼は老人にコーヒーをかけてしまったんだ。

12.海外のホーホケキョ。

アーチャーが入場で人々に水をぶちまけているのを見て、

「いつか自分自身で試してみよう、レッスルマニアウィークエンドの間かな。もし水がなかったら?」

とか考えたんだろう。

13.海外のホーホケキョ。

新日本プロレスの菅林さんと木谷オーナーはこの状況をどう対処するんだろう?

14.海外のホーホケキョ。

↑恐らくそれについては全く心配してないだろうね。

15.海外のホーホケキョ。

オレはロバートの信念とコントロールを尊重するよ。

16.海外のホーホケキョ。

予想外の展開:

それはアイスコーヒーだった。

17.海外のホーホケキョ。

↑良くやった!

18.海外のホーホケキョ。

ギミックが生きている!

気に入ったぜ。

19.海外のホーホケキョ。

それはプロレスさ。

おそらく冷たいコーヒーで令状を貰うとは思わなかっただろうね

20.海外のホーホケキョ。

これは、実際のWWEの最近のほとんどの抗争よりも

WWEの抗争の始まりに似ているね。

21.海外のホーホケキョ。

【スミスのバックドロップ】

海外では賛否両論か?

4.29の「火の国」ではEVIL & SANADAとのヘビー級タッグのタイトルマッチも控えている事からこの話題を心配している日本のファンも多かったと思いますが、海外ではスミスに対して賛成の声も反対の声もある様です。

賛成に対しては、やはり父親を貶された事を謝らせようとした彼の誇りに対してのものが多かったように感じます。また過去に自殺しようとしていた女性を救ったりしていますのでこんなニュースが出るのが信じられないと思っている人もいる様です。

否定的な意見は、喧嘩する意思があったかどうかはともかく、外へ連れ出そうとしたジェイクロバーツが62歳と高齢な事や(とは言ってもプロレスラーだが…)、

特に父親を侮辱されたとは言え、やけどの恐れのあるコーヒーを投げてしまった事が駄目押しと感じてしまった人が多かったように感じます。

アメリカのファンからすると訴訟大国なのでその辺は神経質なのかもしれませんね。

ただ単純暴行で、およそ10万円以下の罰金で済みそうなので払ってさえしまえばこれ以上大きな問題にはならないのように感じます。

Mar 21 NEW JAPAN CUP 2018 – 4th match : Post-match comments [English / Japanese subs]
NEW JAPAN PRO-WRESTLINGより

最後に少し古いですが、ニュージャパンカップのデイビーボーイスミスJr.の迫力ある試合後コメントから今回の騒動を想像してみてはいかがでしょうか?

EVIL & SANADAにはもう逃げ道はありませんが一体どうなってしまうのでしょう?

応援よろしくお願いします。
(1日1クリック有効)


プロレスランキング



スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    プライベートな時間でもなくプロレスラー同士が、人前で挑発した側がコーヒー掛けられたと警察沙汰にするとか、めちゃめちゃショボって思った
    やる気ないなら余計な真似しなきゃ良かったのに、年寄りの冷や水とはこの事よ

  2.   より:

    指名手配された犯罪者でも日本に入国出来るのかな?

  3. 匿名 より:

    ジェークロバーツまだこんな事やっとるんか…

  4. 匿名 より:

    最近スミスJrがすごくお気に入りになってきたから
    これが原因で見られなくなったら残念すぎる
    しばらくタイトルは預けてもらえないのかな

  5. 匿名 より:

    家族を侮辱するとかマジないわ。
    62歳にもなって今まで何を学んできたんだ?
    学ぶことなどせず毎日無駄に過ごしてきたんだろうな。

  6. 匿名 より:

    ジェイク・ロバーツか・・・
    「ビヨンド・ザ・マット」で一番悲惨な話だったな

  7. 匿名 より:

    同じロバーツでもピート・ロバーツは紳士。