石井智宏vsトーア・へナーレが緊急決定!新たなライバル関係の誕生か!?4.24【海外の反応】

現在新日本プロレスで行なわれている「Road to レスリングどんたく」

その4月24日(火)後楽園のカードが一部変更し、石井智宏 VS トーア・へナーレのシングルマッチが緊急決定しました。

出典:新日本プロレスリング:HP

今年に入ってから石井へ対して対抗心を燃やし、Road toどんたくに入ってからは1対1を要求し、さらに積極的に石井に絡み出したヘナーレ。

ここ数日は石川、福井、大阪と、試合後の石井を3度襲撃しついに堪忍袋がキレたのか、ついに試合後にコメント。

「組めよ、新日本。やってやるよ。その代わり若僧、オメェのプロレス人生で味わったことのない痛みを味わわせてやるよ」

新日本プロレスリングより引用

こうしてヘナーレの挑戦を受諾しこの一戦が決定することとなりました。

という訳で、ヘナーレにとっては初の大一番となるこの話題の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

4.24 石井智宏vsトーア・へナーレが決定!

redditのコメント欄より:ソース  ソース

1.海外のホーホケキョ。

サイコーだぜ。

これはヘナーレのお披露目パーティになるぞ!

2.海外のホーホケキョ。

↑もしくはサヨナラパーティか、

どちらか一方になるだろうね。

3.海外のホーホケキョ。

↑もしくは両方かもね。

4.海外のホーホケキョ。

ヘナーレは141(石井)と1対1だから最大限に注意しないとね。

5.海外のホーホケキョ。

石井はレディットに独自のサブフォーラムを持ってるのか。

イケてるね。

6.海外のホーホケキョ。

これは良くなるはずだ。

彼らの最近のタッグマッチでのやりとりは、とても観ていて楽しかったからね。

7.海外のホーホケキョ。

こりゃ良い試合になるぞ、

彼らは微かに2018年のほとんどをこの試合の為に構築してきたからね、

オレはかなり確信しているよ。

8.海外のホーホケキョ。

すまないジェイ。

STRONG STYLE EVOLVED (米国公演)そして今回と

ヤングライオンの兄弟が君のショーを搔っ攫うことになるよ。

9.海外のホーホケキョ。

マジでヘナーレのご冥福を祈るよ。

10.海外のホーホケキョ。

若き島民が141に噛み付く事になるだろうね。

11.海外のホーホケキョ。

キウイ(ニュージーランド人)が141に噛み付くぜ。

12.海外のホーホケキョ。

オレはこれが実現することを望んでいたんだ。

ヘナーレは最初は特になんとも思っていない新日本プロレスのレスラーの一人だったけど、時間が経つにつれてどんどん好きになって、オレから緩やかに興味と楽しみを引き出したんだ。

そして石井はオレがお気に入りと呼んだ最初の男の一人だ。

それに、実際に彼らの最近の遭遇の全てでヘナーレを応援していることに気づいたよ。

ストーンピットブルと野生のマオリのこの衝突が楽しみだよ、

マジで楽しい戦いになるはずだ。

13.海外のホーホケキョ。

ボーンソルジャー2世はブレインバスターの亡骸から生まれるだろう。

14.海外のホーホケキョ。

ヘナーレはやっと石井とのシングルマッチのチャンスを得れたんだな。

15.海外のホーホケキョ。

オレは本当にこれがニュージャパンカップの1回戦で起こると信じていたよ。

この試合がマイナーなショーで起こることに少し躊躇しているが、彼らが後により早く再戦すると確信しているよ。

16.海外のホーホケキョ。

↑うまくいけば、これは後により一層大きな試合を行なう為の

お試し的な試合になるだろうね。

それはとにかく良くなるはずだ!

17.海外のホーホケキョ。

VTRを編集する人たちが火の国でのインターコンチネンタル王座戦で鈴木と内藤バックステージでの喧嘩をクリップとして使ってくれることを望んでいる。

18.海外のホーホケキョ。

次の2週間に行われるショーは凄いことになりそうだね。

19.海外のホーホケキョ。

ニュージャパンカップで観られることを望んでいたが、これはすばらしくなるはずだ。

ヘーナレに何が出来るのか観てみようぜ。

20.海外のホーホケキョ。

【ヘナーレのスピアー!】

21.海外のホーホケキョ。

【石井のラリアット!】

石井vsへナーレ、新たなライバル関係の誕生か!?

ノンタイトルとなりましたが、ジェイホワイトもジュースも対戦したがっていた大人気の石井との一戦を、ヤングライオン随一の行動力で勝ち取ったヘナーレ。

石井が強いのは最近の新日本プロレスのファンなら誰もがご存知だと思いますが、ヘナーレのように若いバチバチ系レスラーは意外と少ないように感じますので、是非ともこの舞台で存在感を示して欲しいところ。

石井VS柴田の様に、石井VSヘナーレが組まれるだけで盛り上がるような関係に成長することを楽しみにしています。

上手くいけばこの先も続いていく良いライバルの始まりとなる重要な一戦になるかもしれません。

しかし、急襲と言う大胆な行動でこの大一番を勝ち取ったヘナーレ、今は本隊で楽しそうですが、もしかするとヒールターンの可能性もあるのかも。

ジェイホワイトvsデビッドフィンレーのIWGP USヘビータイトルマッチもありますし、
4月24日の後楽園ホールは未来を担う粋の良い外国人レスラーが活躍する興行になることでしょう。

応援よろしくお願いします。
(1日1クリック有効)


プロレスランキング



スポンサーリンク