「観てるだけで痛い!」“強すぎる”鈴木みのる、真壁刀義を圧倒!3.6旗揚げ記念日【海外の反応】

21.海外のホーホケキョ。

鈴木は“剛”の定義だな。

22.海外のホーホケキョ。

↑鈴木は今日この後のオレの歴史試験だよ。

23.海外のホーホケキョ。

鈴木みのるは2018年ここまでのMVPで、議論の余地はないよ。

24.海外のホーホケキョ。

誰か鈴木にこれはプロレスの試合でMMAじゃないって伝えてくれよ。

25.海外のホーホケキョ。

↑いけよ、俺たちはどうなるか観てるから。

26.海外のホーホケキョ。

↑死にたくないんだ。

27.海外のホーホケキョ。

鈴木に挑戦する人は、靴を履かない方がレッグロックに対するより良い防御になるって考えるべきだよ。

28.海外のホーホケキョ。

↑つま先を二つ失うには良い方法のように聞こえるな。

29.海外のホーホケキョ。

↑誰かがデリリアスを呼んでいる!

30.海外のホーホケキョ。

↑彼らはただ入場のカーテンから出てこないように最前を尽くすだろうね。

31.海外のホーホケキョ。

みのるが彼の平手打ちでメチャクチャに殴っている傍ら、真壁は優しく、ただ肩の付近で叩いているようにみえるな。

32.海外のホーホケキョ。

今のドロップキックは美しいな!

33.海外のホーホケキョ。

くそっ、鈴木のドロップキックが新たな犠牲者を要求している。

34.海外のホーホケキョ。

こりゃイテェ、終わったな。

35.海外のホーホケキョ。

鈴木の年齢でドロップキックをするなんて

マジで信じられないくらいスゲーよ。

36.海外のホーホケキョ。

とんでもないね。

鈴木は実際にドロップキックの名人だ。

疑問なし。

37.海外のホーホケキョ。

くそっ、鈴木のドロップキックはオカダのものよりもさらに大好きだよ。

38.海外のホーホケキョ。

この男のドロップキックなら山を動かせるだろうな。

39.海外のホーホケキョ。

このドロップキックの方がマイクよりもヒドい頭痛に襲われそうにみえるね…

40.海外のホーホケキョ。

なぁ、もし5人の男にボコボコにされるか、鈴木と試合をするか選べって言われたら、

多分オレはボコボコにされる方を選ぶよ。

それに鈴木なら彼を選ばなくても既にオレを始末してるだろうな。

41.海外のホーホケキョ。

くそっ、何て平手打ちだ。

42.海外のホーホケキョ。

「カゼニナレこの野郎!」

43.海外のホーホケキョ。

鈴木がオレを怯えさせている。

44.海外のホーホケキョ。

ゴッチスターーイル!

スズキは凄まじいな。

リタイアしないでくれよ、あんたは邪悪な悪魔の男だ。

45.海外のホーホケキョ。

くそっ、鈴木はサツが来る前に逃げた方がいい、

オレはただ観てるだけで痛かったよ。

46.海外のホーホケキョ。

過去3年間、

新日本プロレスを観て来て鈴木みのるはオレのお気に入りの発見かもしれないな。

AJスタイルズ目的で見始めたが、鈴木、オカダそしてオメガのために見続けてるよ。

47.海外のホーホケキョ。

今年は鈴木が本当に良く見るな。

彼がクリーンに勝つこともうれしい。

48.海外のホーホケキョ。

鈴木は絶対に会いたくないラスボスだな。

49.海外のホーホケキョ。

髪を剃った後から2017年前の悪魔に戻ったのが気に入ってるよ。

これまで彼を助ける介入も一度もないしね。

50.海外のホーホケキョ。

そして今、

伝統的なヤングライオンの討取りが。

51.海外のホーホケキョ。

オーノー

岡だよ。

51.海外のホーホケキョ。

岡に祈ろう。

51.海外のホーホケキョ。

レッドシューズは今晩眠れないな。

52.海外のホーホケキョ。

【鈴木のマイクパフォーマンス】

Minoru Suzuki : Post match highlight from ‘Anniversary Event’ Mar 6 2018 [English / Japanese subs]
NEW JAPAN PRO-WRESTLINGより

53.海外のホーホケキョ。

「お前ら全員、車にでも〜〜」

みのるから彼のファンへ。笑

54.海外のホーホケキョ。

現在、業界で最高のヒールだよ。

55.海外のホーホケキョ。

鈴木みのる今まさにオレのお気に入りのレスラーになった。

この男は凄すぎるよ。

56.海外のホーホケキョ。

鈴木は観客に「車にでも〜〜」って言ってるのに彼らは歓声をあげてる。笑

57.海外のホーホケキョ。

オレにはこの男にブーイング出来るほどの狂気は持ち合わせていないよ。



スポンサーリンク

今年の鈴木みのるは強い!

いつもは権利の関係で消されてしまう真壁の入場曲が今回は何故か消されず配信されたので、初っ端から多くの人がそこに食いついていました。

しかし、試合が始まると鈴木が真壁を圧倒。真壁の番かと思えば、鈴木がすぐさま先にイスで負傷させておいた膝を攻撃し動きをとめて反撃してしまう展開で、まさに鈴木の恐怖を覚えるような強さを感じることができた試合でした。

また海外では鈴木のフィニッシャーにみえるほどのエグいドロップキックに多くの恐怖と感動のコメントが集まっていました。

海外のファンもコメントしていますが、今年に入ってからの鈴木の試合は全て好試合ばかりで、毎回パフォーマンスがあがっているように感じるのは凄い事ですね。

このコンディションでインターコンチのベルトを持ったままオカダカズチカに挑むなんて事にでもなれば大盛り上がりですし、今年のベストバウト級の試合はそこで生まれるかもしれませんね。

真壁に関しては最後の方は完全に鈴木にコメントを奪われてしまっていましたが、この試合のテンポの良さは真壁の存在があってこそだと思いますし、何より怒っているときの真壁の試合は普段より面白くなるので、再び鈴木のベルトに挑戦してるところが観たいです。

応援よろしくお願いします。
(1日1クリック有効)


プロレスランキング



スポンサーリンク