EVIL&SANADAがヘビータッグ王座を防衛!ベルトの価値は上がったか?2.6後楽園ホール【海外の反応】

現在ユニットで5つのベルトを所持し絶好調のケイオスのメンバーであるIWGPヘビー級王者のオカダカズチカとNEVER無差別級王者の後藤洋央紀の両チャンピオンは、2月6日のロードトゥニュービギニング後楽園大会でIWGPヘビータッグ王者のEVIL&SANADA組(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)と対戦!

シングル王者でのタッグで挑んだオカダ&後藤、その実力通り試合は接戦になりましたが、SANADAが掟破りのオカダの代名詞のレインメーカーをオカダに食らわせ動きを止めると最後はEVILが後藤をEVIL(技名)で仕留め、タッグ王者の実力を見せつけ見事防衛。

この一戦の海外の反応を紹介します。(思ったより少なかったですが…)



スポンサーリンク

オカダ&後藤 vs EVIL&SANADA海外の反応

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

挑戦者としてのオカダ。

それをどんな風に感じるかオレは忘れていたよ。

2.海外のホーホケキョ。

CHAOSが実際に勝利すれば狂ってるね。

NEVER6人タッグ&インターコンチネンタルを除くすべてのタイトルだよ。

過去に最も近いのは、AJがいた頃のバレットクラブか、

他の派閥でもあったっけ?

 

3.海外のホーホケキョ。

↑LIJは去年みんながベルトを持ってる時期があったよね。

4.海外のホーホケキョ。

ケイオスはオレの派閥ランキングをロケットのように駆け上がっているよ!

5.海外のホーホケキョ。

SANADAチャントだ…対オカダで!?

6.海外のホーホケキョ。

↑みんながオカダに反してチャントしてるね。

7.海外のホーホケキョ。

↑彼は今、徹底してヒールなのか?

彼らは変化を望んでいるのかい?

8.海外のホーホケキョ。

↑彼らはおそらく誰かが無敵のチャンピオンを克服するのを見たいと思ってるけど、

オレは彼が完全なヒールとだとは思わないよ、

ちょうど必要に応じて一直線の考えの中央を前後に移動してるのさ。

9.海外のホーホケキョ。

SANADAがオカダを倒すのを想像してみてよ。

彼がもっと上向きになって、正当なスーパースターになると感じるよ。

10.海外のホーホケキョ。

【SANADAが掟破りのレインメーカー】

コールドスカルメーカー!!!

11.海外のホーホケキョ。

SANADAがレインメーカーを使ったよ。

12.海外のホーホケキョ。

オレは昨夜のメインイベントの後にも言ったが、再び言わせてもらうぜ。

EVERYTHING
IS
EVIL!

13.海外のホーホケキョ。

↑毎回良くなるね。

14.海外のホーホケキョ。

↑終日EVILだ。

15.海外のホーホケキョ。

イエス!

抜群の試合だったね。

16.海外のホーホケキョ。

EVILはこの会社のトップに向かって確実に進んでいくな。

17.海外のホーホケキョ。

↑彼はG1でメインイベントレベルの才能であることを証明して、キングオブプロレスリングをやってのけたんだ(G1の試合の方が良かったものの)。

人々が彼に設定した期待をきちんと超えているよ。

彼は1年か2年でメインイベンターだ。

18.海外のホーホケキョ。

神よ、本当にいい試合だったよ。

ケビンは俺たちに教えてくれてるね。

19.海外のホーホケキョ。

素晴らしい試合だった。

後藤に勝って欲しかったけど、それでも良かったよ。

20.海外のホーホケキョ。

↑彼はマジックキラーとSTO(EVIL)を食らって倒されたけど、それでも強く見えたよ。

彼はおそらくEVILを倒すだろうし、

長い統治になるだろうって、望んでる。

21.海外のホーホケキョ。

EVILはキャッチフレーズ以外でも、本当に自然なマイクスキルだね。

22.海外のホーホケキョ。

EVILはトップで活躍する準備ができてるけど、SANADAはそうではないな。

それでもオレはこの統治があまりにも長いから、オカダよりSANADAを応援しているよ。

23.海外のホーホケキョ。

オレはたまらなくSANADAに勝って欲しいな。

24.海外のホーホケキョ。

凄いメインイベントだったけど、SANADAがオカダをピンで倒して彼らの1対1の試合へ向けたスパイスをつくるべきだったと思ったが、それでも尚すごい試合だったよ。

タッグはLIJが強さをみせる!10日はシングルで激突!

シングルのチャンピオンタッグから見事防衛した事でベルトの価値も少しは上がったはず…ですが、今後もこういった普段あまり見る事のないタッグとの防衛を見ていきたいですね。

試合に関してはEVILの評判が良かったように感じました。

タッグで勝利を収めたEVIL&SANADAでしたが、
10日はSANADAがオカダカズチカとIWGPヘビーのベルトを賭け、そしてEVILが後藤洋央紀とNEVER無差別級のベルトを賭け激突。

タッグでオカダに一杯食わせたSANADAがシングルでオカダの防衛記録を止める事になるのか?、
後藤はEVILに取り付いたという悪霊を除霊する事が出来るのか?
タッグで一度敗れてしまった以上、出てくるまでもないと言っていた「彼」が現れるのかにも注目です。

彼らの他にもJr.の王者ウィルオスプレイが髙橋ヒロムとIWGPJr.ヘビー級のベルトを賭け激突。

さらに外道とBUSHI、YOSHI-HASHIと内藤哲也がそれぞれシングルで激突

ケイオスVSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの5大シングルマッチとなるこのニュービギニング大阪から目が離せません。



スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    この全面対決はどの試合も楽しみやね
    インターコンチとUSの意外な王座移動あったばかりだから
    SANADAの戴冠もありうるのかと思わせてやっぱりないんだろうな
    よしはしがどうなるのかワタシ、気になります!
    翻訳楽しみにしてます!