ビンスマクマホン、72歳になってもオースチンからスタナーを食らい会場大盛り上がり【海外の反応】

1月22日に放送されたRAW25周年記念放送。

多くのWWEレジェンド達が登場した今回の放送、ステファニーマクマホンとシェーンマクマホンに呼び出されたビンスマクマホンは感謝のプレートを受け取るが、それに安っぽいとケチを付け「オレが感謝しているのはオレ自身だけだ」とビンス節が現れ始めると…

そこにガラスの粉砕する音とともに、ビンスと何度も抗争を繰り返してきた天敵
“ストーンコールド”スティーブオースチンが登場。

「自分は高齢だが、シェーンは現役だ」と言って息子を差し出すビンス。

オースティンと握手し、腕を掲げてもらい安心したシェインにスタナーが炸裂。

ビールで乾杯をしてなんとか和解を図ろうとするビンスでしたが、最後はやっぱりスタナー。

親子揃って大の字に…。

“Stone Cold” Steve Austin Stuns Shane and Mr. McMahon: Raw 25, Jan. 22, 2018
WWEより

今回はこのマクマホン親子とオースチンによるWWEユニバースは大喜びのやりとりに対する海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

25周年にビンスの元に天敵ストーンコールドが…

YOUTUBEのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

なぁ、オレはオースティンが大好きだよ。

2.海外のホーホケキョ。

↑彼はWWF/WWE史上最高のスーパースターの一人だね。

複数回のWWFチャンピオン、

3回のロイヤルランブルでの勝者、

タッグチームチャンピオン、などなど。

3.海外のホーホケキョ。

ビンスのマイク。

25年かはたまたそれ以上か、

未だにサムライの刀と同じくらい鋭いね。

4.海外のホーホケキョ。

↑彼の事を心配してあげる唯一のキャラクターは彼だけ、それは明らかだね。

5.海外のホーホケキョ。

↑ハハッ、ビンスは伝説で、彼の有名なウォーキングは未だに健在だよ。

6.海外のホーホケキョ。

笑。スタナーを受けたビンスは発作を起こしてるかのような演技をしてるね。

7.海外のホーホケキョ。

↑ビンスはそんな風にスタナーを受けるんだよ。

8.海外のホーホケキョ。

↑素晴らしい演技だね。

9.海外のホーホケキョ。

↑オースティンは何度もビンスのスタナーの受けは最悪だってい言っているけどね。

10.海外のホーホケキョ。

いくつかのことは決して変わらないな!!笑

11.海外のホーホケキョ。

シェーンはスタナーを食らったのに彼の腹を抱えているね。

WWEの論理だな。

12.海外のホーホケキョ。

↑最初にキックしてるだろ。

13.海外のホーホケキョ。

↑スタナーは “腹へのキック”で始まるから、

もし君がマジでキックを食らったのなら腹に痛みがくるだろ。

14.海外のホーホケキョ。

このパートがショー全体で一番良かったな。

15.海外のホーホケキョ。

↑うん、この後は下り坂だったね。

16.海外のホーホケキョ。

↑クリスジェリコはどうだったんだよ。

17.海外のホーホケキョ。

ビンスは腕が落ちたな、

アティチュードとルースレスアグレッション時代は常にPG指定時代より良いよ。

18.海外のホーホケキョ。

3:57のところでビンスが故意にシェーンにビールを注いでるのに気づいたのはオレだけか?

19.海外のホーホケキョ。

↑ああ。笑

最初は気づかなかったよ。

20.海外のホーホケキョ。

↑これを観ていたら1998年に戻りたくなったよ。

アティチュード時代さ。

21.海外のホーホケキョ。

オレはずっと長い間これを待っていたんだよ。

オーマイガー!!!

22.海外のホーホケキョ。

残念なことにオレはストーンコールドを一度も生でみた事のないPG指定時代の男だけど、

この男がこの時代でも最大に盛り上がっていることには驚かないよ。

間違いなく彼は史上最高で、それは全てのPG時代の盛り上がりを破壊するのに十分なことさ。

23.海外のホーホケキョ。

こんなに長い事観衆が盛り上がっているのはみた事がないな。

オースティンは未だに観客の度肝を抜けるんだね。

24.海外のホーホケキョ。

どっちの時代とかの問題じゃないよ。

オースティンはいつだって盛り上げちまうよ。

25.海外のホーホケキョ。

笑、思い出が蘇るよ。

26.海外のホーホケキョ。

このやり取りは価値が付けられないね。

27.海外のホーホケキョ。

ガラスを粉砕する音を聞いた時はマジで興奮しちゃったよ。

28.海外のホーホケキョ。

ビンスが「シェーンは全盛期だぞ」って言った時のシェーンの表情。笑

29.海外のホーホケキョ。

彼らのやり取りは決して古くならないね。

30.海外のホーホケキョ。

25年後もマクマホンはいまだにガラガラヘビにやられているんだな。

感想

スティーブオースチン登場そしてビンスとの絡みに、ザ・ロックやHHH、カートアングル、クリスジェリコなどが活躍したアティチュード時代を思い出して懐かしむ声が溢れていました。

それにしても御年72歳で体を張り続けるビンスには感服です。昨年はケビンーオーエンズに頭突きされて流血もしていましたね。

2発目にを食らったシェインのビール芸も見事でした。

新日本プロレスでも2月2日に木谷オーナーと、木谷オーナーの天敵?の内藤哲也が一緒にブシロードの企画の発表に出席するようなので技をかけられる事はないと思いますが、新日本らしい形で何か起これば面白くなりそうです。

どうなる木谷オーナー!?



スポンサーリンク