豪プロレスファン歓喜!新日本プロレスの4都市を回るオーストラリア公演決定!【海外の反応】

新日本プロレスのユニットバレットクラブのバッドラックファレが、新日本プロレスのオーストラリア公演の決定を知らせる投稿をして待ちこがれていたオーストラリアのプロレスファン達が沸き立っています。

まだ公式では発表されていませんが、チケットは1/12から発売になるようなので近々公式でも報告があるかもしれません。

という訳でこの話題の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

以下、海外の反応。

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

チケットの販売は1月12日からだってさ。

2月16日金曜日 – アデレード、チタンアリーナ
2月17日土曜日 – メルボルン、フェスティバルホール
2月18日日曜日 – シドニー、Quayセンター
2月19日月曜日 – パース、HBFスタジアム

2.海外のホーホケキョ。

登場が確認されたレスラー

棚橋弘至
KUSHIDA
ジュースロビンソン
オカダカズチカ
ウィルオスプレイ(シドニーとパースのみ)
石井智宏
SANADA
EVIL
ヤングバックス
ゲリラオブデスティニー
バッドラックファレ
コーディ
鈴木みのる
ランスアーチャー

3.海外のホーホケキョ。

オレは日本にいたけど、

今、オレは自分の出身地で見ることができるのか。

正直に、オーストラリアのレスリングファンにとって素晴らしい時間になるよ。

4.海外のホーホケキョ。

オメガがいないだと?

興味深いね。

5.海外のホーホケキョ。

↑オレは実際それを疑っているよ。

内藤はアメリカ、とりわけグローリープロでいくつかのショーをしているからそこに来れないのは知ってるけど、オメガが何をしているのか分からないんだ。

たぶん新日は彼を追加するつもりだけど、彼なしで売り上げを見守ってみて、

そこから発表するんじゃないかな。

6.海外のホーホケキョ。

すげぇ。

でも、ふんっ、内藤がいないだと?

7.海外のホーホケキョ。

↑彼はその期間アメリカのインディーレスリングへ行っているんだ。

8.海外のホーホケキョ。

石井がいるのは良いことだけど、史上最高のタイチは何処にいる?

9.海外のホーホケキョ。

↑再びミホを見つけようとしてる。

10.海外のホーホケキョ。

あぁ、オレのハッタリが現実になった。

オレはブリスベンからシドニーに飛ぶ予定。

11.海外のホーホケキョ。

ここにいる数人のニュージーランド人は隅に集まろう。

一人で泣きたくないんだ。

12.海外のホーホケキョ。

↑新日本は既にニュージーランドへ行ってるが?

13.海外のホーホケキョ。

凄い興奮しているよ。

待ちきれん!

14.海外のホーホケキョ。

オメガ、内藤、ヒロムはいないけど、とても興奮しているよ。

15.海外のホーホケキョ。

これはマジで非現実的だ!

アデレードのショーを見に行くのに5時間もかけて運転して、

それからメルボルンに飛ぶんだ。

みんな、そこで会おうぜ!

16.海外のホーホケキョ。

素晴らしい。

チケットが手に入いるといいな。

前回オカダがここに来た時に逃してしまったのは未だにガッカリしているんだよ。

17.海外のホーホケキョ。

↑より大きい会場、

それにより多くの公演が助けになるはずさ。

18.海外のホーホケキョ。

ケニーや内藤がいないのは残念だけど、素晴らしいショーを観る事ができてうれしいよ。

うまくいけば、メルボルンへのチケットをゲットできるだろうな!

更なるお知らせがほしいね、現金を借りなければならないかもな。

19.海外のホーホケキョ。

とても興奮してる!

新日本プロレスが本当に翌月にアデレードにやって来るなんて信じられないけど、

これはマジで凄いよ!

20.海外のホーホケキョ。

いくら掛かろうが関係ないね。

オレは行くぞ!

21.海外のホーホケキョ。

鈴木、棚橋、KUSHIDA、そしてオカダ。

オレは参加するぞ!

22.海外のホーホケキョ。

新日本がニュージーランドに来る年は買える余裕がなかった。

オレが買える余裕がある年は新日本はオーストラリアへ。

くそっ。

23.海外のホーホケキョ。

↑ボートを作るのに1ヶ月あるだろう。

24.海外のホーホケキョ。

↑くそっ、泳いで行ってやるよ。

25.海外のホーホケキョ。

ブリスベンは…。

26.海外のホーホケキョ。

↑オレはゴールドコーストに住んでいてシドニーに飛ぶよ、

その時オレのスーツケースに詰めるてやるから心配するな。

27.海外のホーホケキョ。

一生のうちに石井を見ることができるとは思ってなかったけど、彼がオレの故郷にやってくるぞ!

今、オーストラリアのレスリングファンになることはとてもハッピーだね。

28.海外のホーホケキョ。

フェスティバルスタイルのポスターが大好きだよ。

ロアがトンガの上にリストされているのは驚いたね。

29.海外のホーホケキョ。

笑った。ちょうどオレがカナダに行くときじゃないか。

すげーや…。

30.海外のホーホケキョ。

↑心配するな、ケニーに会いにいけるぜ。

31.海外のホーホケキョ。

ああ、彼らにはシンガポールにも来て欲しいよ!

32.海外のホーホケキョ。

オレの予想はコーディがニュービギニングでオメガに反旗を翻すから、

オメガはこのツアー中はいってみれば「涼んでおく」必要があるんだろう。

感想

早速多くのオーストラリアのファンが興奮を分かち合っていました。

ケニー、内藤、ヒロムなどが発表されていない事は残念な様子でしたが、それでも豪華なメンバーに喜びの声が多く上がっていました。

多かったコメントとしては、オーストラリア第3の都市であるブリスベンでの公演予定がない事はさすがにショックを受けた人が多かったみたいです。

日本でいえば、名古屋が飛ばされるような感じでしょうか?

それでも、広大なオーストラリアですから、何時間も車を飛ばしたり、飛行機で移動したりしながら観に行こうと考えているファンもいるようです。

お隣のニュージーランドのファンのついでに来て欲しかったという残念がる声もありましたが、バッドラックファレはオーストラリアやニュージーランドへの新日本プロレスの普及に非常に力を入れている人物でもあるので必ず再び実現させてくれるでしょう。

それにしてもオーストラリアのファンが言っていたようにヤングバックスとコーディがいてケニーオメガがいないのは何故なのでしょうか?

元WWEでバレットクラブであるとは言え、ポスターでコーディがやたら大きくクローズアップされているのも気になってしまいます。

もしやストーリーの関係…?

と、最近のバレットクラブのごたごたで色々気になってしまいますが、

今盛り上がりを見せ始めているオーストラリアのプロレス業界にとって新日本プロレスのオーストラリア公演は良い刺激になるでしょう。

以前オカダと対戦したMCWのスレックスのように地元のレスラーとの競演もあれば楽しみですね。



スポンサーリンク