15歳の時に立てた夢を叶えるか?ラスボスの勝利か?1.4東京ドーム、オカダvs内藤に世界が注目!【海外の反応】

新日本プロレス最大の祭典、1.4東京ドーム、レッスルキングダム12まであと1日!

元日に公開されたレッスルキングダム12の最終試合を闘う挑戦者、内藤哲也そして王者オカダカズチカ両者によるプロモーション動画が公開され海外のファンの期待をさらに膨らませている様です。

Kazuchika Okada vs Tetsuya Naito – IWGP Heavyweight Championship : WK12 promo [English subs]
NEW JAPAN PRO-WRESTLING

 

と言う訳で今回はこの両者の意気込みをみた海外の反応を紹介します。

ケニーオメガとクリスジェリコのインタビュー動画の海外の反応はこちら
関連【1.4東京ドーム】ケニーオメガvsクリスジェリコのインタビューは凶悪な匂い…【海外の反応】



スポンサーリンク

以下、海外の反応。

YOUTUBEのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

この動画は試合にむけて興奮させてくれるね。

待ちきれん。

2.海外のホーホケキョ。

新日本プロレスにおける二人の生きる伝説だよ。

3.海外のホーホケキョ。

ザ・メインイベントだ!!

4年掛かったんだ。

内藤は拒否されないだろうね。

4.海外のホーホケキョ。

オレはマジで、

マジで、

この試合への準備は整ってるぜ。

5.海外のホーホケキョ。

オレは本当に内藤哲也に試合に勝ってほしいけど、

依然としてオカダカズチカを高く評価しているよ。

6.海外のホーホケキョ。

この試合と4way(jr.ヘビータイトルマッチ)がオレを非常に興奮させているよ。

待ちきれないぜ。

7.海外のホーホケキョ。

このバックグラウンドミュージックと字幕が、

この動画をアニメが生命を宿したようにしているよ…

8.海外のホーホケキョ。

↑オレも同じことを考えてた。

その見た目に、アニメから抜け出して来たように感じたよ。

完璧だ。笑

9.海外のホーホケキョ。

この試合中に二度目のターンにつながったらって想像してみてよ。

10.海外のホーホケキョ。

↑オレはそうは思わないな。

オカダは内藤のようにトゥイーナー(ヒールもベビーの側面も持ち合わせている)さ。

日本の観客の反応次第ってこと。

11.海外のホーホケキョ。

↑試合中にオカダがヒールを演じても驚かないだろうけど、

伝統的なフェイス/ヒールの原動力は新日本プロレスにほとんど無関係だよ。

12.海外のホーホケキョ。

↑そのとおり、

彼らはただ彼ら自身になり、両者ともが彼らのAクラスの試合をゲームをもたらすのさ。

13.海外のホーホケキョ。

アルファvsオメガの代わりに、人々が鳥肌が立つような試合をするためには

4年のストーリーラインに勝る物はないね。

14.海外のホーホケキョ。

過去最高のレッスルキングダムまでたったの2日だよ!!

オカダvs内藤(予測出来ないメインイベント)

オメガvsジェリコ(一生に一度)

おそらく新日本プロレスで初めての4ウェイマッチだ!!

15.海外のホーホケキョ。

後ろで流れている音楽が素晴らしいね。

ビデオゲームみたいだ。

ハハッ

16.海外のホーホケキョ。

「12歳」「15歳」のストーリーラインがレッスルキングダム12のメインイベントを完成させる。

オレはマジで興奮しているよ。

17.海外のホーホケキョ。

棚橋弘至とジェイホワイトこそがレッスルキングダム12の真実で本物のメインイベントだ!

ゴーACE

18.海外のホーホケキョ。

もし内藤が負けたら、俺たちは暴れ回るぞ。

19.海外のホーホケキョ。

内藤ファンにとっては残念だが、スーパーオカダに直面しているんだよ。

ロマンレインズとスーパーシナがフュージョンしたけれど、

削られ、研磨されてしまったんだ。

20.海外のホーホケキョ。

オレはこの試合、オカダに勝って欲しい!!

21.海外のホーホケキョ。

↑2018年は内藤の年になるだろうね。

22.海外のホーホケキョ。

↑そうだ、彼はこの瞬間を4年も待ったんだ。

23.海外のホーホケキョ。

こりゃあリアルメインイベント、アルファVSオメガ前の

良いセミファイナルだ。

24.海外のホーホケキョ。

↑逆さまだぞ。

25.海外のホーホケキョ。

10万スターマッチだ。

26.海外のホーホケキョ。

マッチオブザイヤー?

この試合はこれから10年で最高の試合になるよ。

27.海外のホーホケキョ。

頼むから次回は普通のフォント(字幕の書体)を使ってくれ…

オカダvs内藤ついに決着へ

最後までトランキーロで言いたい事は言う内藤に、控えめな主張で試合で全てを表現するという印象のオカダ。

海外のファンにとっても内藤の4年越しのメインイベントは良いストーリーラインと受け取られている様で、日本同様内藤の勝利を願っている人、そして予想している人が多い様です。

15歳の夢を叶えるという純粋な夢も魅力的にとられている様ですね。

一方、このオカダにとって過去最大のアウェーな空間は、むしろオカダの方が挑戦者に見えてしまうかもしれません。

ラスボスというワードは、オカダ自身で考え抜いて辿り着いた、この状況を切り抜けるために己を奮い立たせるための方法なのかもしれません。

二人にストーリーが見えないと言う意見も聞かれますが、4年越しのメインイベントのストーリーはオカダあっての物ですし、二人とも互いの存在なしではあり得なかった成長を見せているのは間違いないでしょう。

内藤哲也が15歳のころの夢を全て叶え、その先の新たな夢を見せる始まりの舞台になるのか、

オカダカズチカがレッスルキングダムのメインイベントの因縁が生み出した過去最大のアウェーの中を生き残り最強のレスラーであり続けるのか。

その結末はレッスルキングダム12のメインイベントで明らかになるでしょう。



スポンサーリンク

コメント

  1. 明けましてイッテンヨン! より:

    よし!今から寝ないで徹夜したる。

  2. 匿名 より:

    あと1日
    楽しみだね

  3. 匿名 より:

    明日だ明日。

  4. 匿名 より:

    確かにこの字幕の字体はありえない!
    担当者に直接メッセージ送って指摘してあげておいた方がいいね