ケニーオメガがスポーツイラストレーテッド2017年レスラーオブザイヤーの1位に!オカダは6位【海外の反応】

新日本プロレスで活躍するバレットクラブの“ベストバウトマシーン”ことケニーオメガがスポーツイラストレーデッド紙の選ぶレスラー・オブ・ザ・イヤー2017の1位に選ばれました。

選考基準はレスラーとしての活躍、集客力、今年業界へのインパクトをあわせた物の様です。

新日本プロレスからは同様にオカダカズチカが6位にランクイン。

この話題に対する海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク

以下、海外の反応。

redditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

1)ケニー・オメガ
2)AJスタイルズ
3)ロマン・レインズ
4)ジョン・シナ
5)ブラウンストローマン
6)オカダカズチカ
7)ケビン・オーエンズ
8)マットリドル
9)コーディ
10)キース・リー

なんて奇妙なリストだ。

2.海外のホーホケキョ。

これは期待していなかったわ。

彼におめでとうを言うよ。

3.海外のホーホケキョ。

オカダは少なくとも2位じゃないか?

4.海外のホーホケキョ。

↑オカダは新日本の中でさえベストレスラーじゃないよ。

5.海外のホーホケキョ。

↑それは挑発的な言動だな。

何処にいやがる?

6.海外のホーホケキョ。

お気に入りの引用
“シナはあざ笑っていたパートタイマーの才能を土台としたファンとの最高の繋がりを見つけ出した”

7.海外のホーホケキョ。

あれまー

どう考えたらオカダを6位に入れようと思うんだ?

8.海外のホーホケキョ。

↑一層不気味なのが新日本でナンバーワンの内藤がトップ10にすら入ってない事だね。

9.海外のホーホケキョ。

↑ああ、でも彼は“ガイジン”だから。

10.海外のホーホケキョ。

↑米国出版物のえこひいきじゃないか?

11.海外のホーホケキョ。

↑ああ、それならオメガが1位なのはなぜなんだ?

新日本プロレスのケニーオメガの1位にしておきながら、

オカダが6位で内藤はトップ10にすら入っていないのが本当に異様だな。

12.海外のホーホケキョ。

オカダと内藤は日本のトップスターさ。

オメガは、国際的なオーディエンス向けのブレイクアウトスターだよ。

13.海外のホーホケキョ。

オーエンズと、特にシナはトップテンに属さないよ。

彼は1月以降何もしてないからそこにおく事は出来ないね。

14.海外のホーホケキョ。

シナをどけてその場所にオカダを入れてくれ。

15.海外のホーホケキョ。

これらの名前のうち7つは筋が通っているけど、

他の3つはまさに「なんじゃこりゃ」って感じだよ。

16.海外のホーホケキョ。

ケニーのナンバー1はクールだけど、リスト自体は本当に奇妙だね。

実際に十分にプロレスを見ていなくて、ただ彼が聞いた過剰な宣伝に基づいてランク付けしてるジャーナリストみたいだよ。

17.海外のホーホケキョ。

ケニーの大ファンだが、今年のオカダは別世界だったね。

彼を6位に入れた彼らの判断には真剣に疑問を感じるよ。

18.海外のホーホケキョ。

↑オレもオメガの大ファンだけど、

今年のオカダには名試合の数が多すぎることには同意するよ。

文字通り彼は素晴らしいよ。

19.海外のホーホケキョ。

オカダは2位ですらないのか?

だめだこりゃ。

20.海外のホーホケキョ。

ケニーの1位には同意しながらも、これは内藤がいないダメダメなリストだね。

バラッソ(このランキングを作成した記者)は今年ケニーの上位3試合の1つにケニーvsジュースを挙げ、ケニーvs内藤試合を除外してるし。

6位のオカダもさらにバカバカしいね。

21.海外のホーホケキョ。

彼らはおそらく “北アメリカのファンから最も注目を集めている人”を基準として選んだんだろうね。

これがケニーが1位で同時にオカダが6位という低い順位についての唯一可能な説明だよ。

22.海外のホーホケキョ。

1Aと1Bはオレにとってオカダとオメガさ。

この2人はぶっとんだ年を過ごしたよ。

オメガは国際的な新日本プロレスの注目度を上昇させ、

オカダは過去30年間で最高のタイトル統治だったかもしれないね。

内藤もオレのためにそこにいるぜ。

今日のレスリングで最高のキャラクターだよ。

感想

ジェリコとの一戦が世界的に注目されている1位のケニーオメガ、

そしてWWE王座に輝き、ブロックレスナー相手にも強さを示した2位のAJスタイルズには納得の声が上がっていましたが、同時にIWGP王者で、ケニーに対しても1勝1敗1分けのオカダカズチカの順位が低いという不満が多くありました。

個人的には今年はほぼパートタイマーのジョンシナの4位に不満が集まっていて、こういったランキングになるとしょっちゅう集中砲火を受けるレインズへの不満が以外と少なかったのが意外でした。

同時に掲載していたケニーのベストバウトトップ3にG1決勝のVS内藤が入っていなかったり、各選手のベストバウトトップ3が疑問に感じる物が多く、いろいろ突っ込みどころのあるランキングなので、

コメントにもあったように”アメリカのファンから最も注目を集めている人”を基準として選んでバランスよく並べ替えただけというのは以外とあるかもしれませんね。

ケニー「年末のトップ10の発表は、楽しみながら他の人と友好的な議論を交わす素晴らしい方法ださ」

ちなみにこちらのランキングではオカダカズチカが1位でした↓
関連米プロレス誌2017年度版PWI500でオカダカズチカが日本人初の1位を獲得!!【海外の反応】



スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    新日本の公式動画で外道さんがジェリコと昔組んでいた話をしていて、昔のジェリコつまりライオンハートの動画を見たけど荒々しくて魅力的なレスラーだった。