「素晴らしいニュースだ」新日本プロレスの2017年総売上が企業史上2番目に!【海外の反応】



新日本プロレスの2017年の総売上高が38億5900万円にのぼった事が明らかになり、

1997年の記録(39億円)に次ぐ企業史上2番目の売上高を記録した様です。

今年は各大会の動員も好調で、現在発売中の1.4東京ドーム/レッスルキングダム12のチケットも現在好調の売れ行きで進んでいるようなのでまさに絶好調といった感じです。

という訳でこの話題の海外の反応を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、海外の反応。

radditのコメント欄より:ソース

1.海外のホーホケキョ。

新日本プロレス2017年の総売上高は前年同期比21%(20.6%)増の

38億5900万円(3400万ドル)となり、企業史上2番目に高い売上高に。

(会計年度:16年8月〜17年7月)

2.海外のホーホケキョ。

ナイス。

常に物事が上向きに進んでいるのをみるのは良い事だ。

3.海外のホーホケキョ。

すばらしいね!

そこまでに20年かかったが、いまこそ1997年を凌ぐ大きなチャンスだ。

彼らを誇りに思うよ!

4.海外のホーホケキョ。

↑もっと印象的なのは、

新しいオーナーに代わってからそこまで辿り着くのに、

ほんの数年しか掛からなかった事だね。

5.海外のホーホケキョ。

彼らがどれくらい掛けて立て直さなければならなかったのか

驚きだけど、

彼らがトップに戻ってきているのは良いことだね。

6.海外のホーホケキョ。

1997年は大規模な会場のショーが多かったから新日本プロレスが最高収入をあげる事が出来た年になったのさ。

彼らの収入の大部分はチケットセールスだったんだ。

日本武道館(2大会)
横浜アリーナ
福岡ドーム
名古屋ドーム
大阪ドーム
東京ドーム(2大会)

今日における新日本プロレスの収入源は、

製品の多様化(商品化計画、ライセンス供与)と放送(主に新日本プロレスワールド)から大量の収入を得ているのさ。

WWEと同じように、これにより彼らは以前よりも人気が低くなっている間に、より多くのお金を稼ぐことを可能にしたんだ。

俺は16人の新入社員の内、アメリカの事業のために働く人はどれくらいいるのかが気になるよ。

7.海外のホーホケキョ。

↑この数字(総売上高)は1997年にどのくらい近いんだい?

8.海外のホーホケキョ。

↑本当に近いよ。

1997年は39億円さ。

9.海外のホーホケキョ。

↑ということは来年、

うまくいけば俺たちは新しい記録を見れるんだな。

10.海外のホーホケキョ。

インフレ調整した後は?

11.海外のホーホケキョ。

↑39億1100万円だね。

日本は過去20年間インフレ率が実質的にゼロだったよ。 

12.海外のホーホケキョ。

これは俺が支払いを始めた事も一部にあるね。

13.海外のホーホケキョ。

↑厳密に言えば正しいね

俺はそれが一番正しいことだって聞いたことがあるよ。

14.海外のホーホケキョ。

↑俺はオカダの家に支払ったのさ。

15.海外のホーホケキョ。

彼らはテレビ朝日から幾らくらい得ていて、

朝日テレビが制作している?AXSショーからどれだけ得ているのかについてどんな数字が出ているんだ?

16.海外のホーホケキョ。

↑一番近いと思われるのは、

両当事者が十分に幸せになっただっただけで、

それほど大したものではなかったとメルツアーが言っていることだね。

17.海外のホーホケキョ。

彼らが成長し続ければ、州内の質の高いテレビ会社と契約を結ぶかもしれないな…

18.海外のホーホケキョ。

彼らのために良いことだね。

彼らが耐え続けた後として相応しいよ。

うまくいけばさらに増え続けるだろうね。

19.海外のホーホケキョ。

素晴らしいニュース。

このまま上がり続けるといいな。

20.海外のホーホケキョ。

“でっ、でっ、でもっ、新日本プロレスはWWEのようにお金を稼いでいないだろ”

21.海外のホーホケキョ。

彼らは実際にどれくらいの利益を得たのかを明らかにしたのか?

22.海外のホーホケキョ。

↑まだ、それに彼らは義務付けられていないから決してしないだろうね。

木谷オーナーのインタビューによると昨年の経常利益は4億1000万円だよ。

23.海外のホーホケキョ。

↑昨年、彼らは4億1000万円の利益(およそ360万ドル)を得ていることを

明らかにしたから、費用の増加に基づいてそれがどのように一致するかを見るのは面白いだろうね。

24.海外のホーホケキョ。

もしそれ以上稼いでいたら俺は驚いただろうな。

彼らはわずかな為替相場と英語解説と字幕に関わる費用を考慮して、

州への(わずかだけど)プッシュとかなりの額を費やしたに違いないね。

25.海外のホーホケキョ。

これが如何にして起こっているかについての何らかの内訳はあるのかい?

俺は、より多くの人々が製品にアクセスすることを可能にするインターネットが大きな要因であると想定しているよ。

26.海外のホーホケキョ。

↑来場者の増加、チケット価格の上昇、新日本プロレスワールドの加入者の増加、

あるいは商品販売の増加の組み合わせかな。

感想

ということで97年の売上にはあと一歩及びませんでしたが、海外のファンに関して言えば、

来年は少なくても、ビッグネームのクリスジェリコの参戦など、新日本プロレスに詳しくない海外のプロレスファンも大注目のカードが揃ったレッスルキングダム12、そして規模を拡大した米国ツアーの開催、海外に向けた配信環境のさらなる強化(字幕対応)などにより更にファンが増え、2018年には過去最高の売上を記録する事はほぼ間違いないのではないかと思っています。

攻める気満々ですね。2018年も新日本プロレスから目が離せなそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    やっぱり運営はコンテンツビジネスのプロに任せるのがいいんだね
    今までのプロレス会社の運営体制が異常すぎたんだよ
    どの団体にもだらしない話が山積していて、大手でもギャラ未払いとかあって・・・