ハートが砕けそうなくらいアウェー。ケニーオメガvs YOSHI-HASHI IWGP USヘビー級タイトルマッチ【グローバルウォーズシカゴ】



(現地時間)10月15日にアメリカのシカゴで行われた、新日本プロレスとROHの合同興行、グローバルウォーズシカゴでIWGP USヘビー級王者のケニーオメガ(バレットクラブ)がYOSHI-HASHI(ケイオス)との2度目の防衛戦を行いました。

今回はタイトルマッチなのに新日本プロレスワールドでの配信がなかったため、掲示板などのコメントも少なめでしたが、試合前にはYOSHI-HASHIの「俺のハートは砕けたか?」というような名言も生まれたこの一戦と、「ショーの最後に会場に現れた男」についての海外の反応を紹介します。

ROHWRESTLING.COMの方では配信していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下、IWGP USヘビー級タイトルマッチの海外の反応

redditのコメント欄より:ソース ソース

IWGP USヘビー級タイトルマッチ ケニーオメガ vs YOSHI-HASHI

1.海外のホーホケキョ。

YOSHI-HASHIが一部からヤジを受けているな。

2.海外のホーホケキョ。

俺はタコスこと、YOSHI-HASHIが勝つのを願っているよ。

3.海外のホーホケキョ。

彼らはYOSHI-HASHIにブーイングしているよ。
非常に失礼だね。

遠くから観客を楽しませるために来たのに。

4.海外のホーホケキョ。

ベルトはどこだ?

5.海外のホーホケキョ。

ケニーはまたベルトを忘れたのか?

6.海外のホーホケキョ。

負ける事はないだろうから持ってくる必要はないね。

7.海外のホーホケキョ。

YOSHI-HASHIには、なんだかおもしろいチャントが起こっているぞ。

8.海外のホーホケキョ。

ケニーは年取らないよな。

9.海外のホーホケキョ。

【ヤングバックス、マーティ、コーディ、ハングマンが乱入。ケニーが10ブーツを提案】

10ブーツ。

10.海外のホーホケキョ。

【矢野、オスプレイら、ケイオスも乱入】

いや20ブーツか

矢野。笑

11.海外のホーホケキョ。

ブーツのくだりは、

メインイベントのタイトルマッチとしては少しやり過ぎだったと思うな。

12.海外のホーホケキョ。

↑同じく、

妨害なしのレギュラーマッチにすべきだったと感じたけど、

13.海外のホーホケキョ。

“ヘビーウェイト”トレントが次にUSタイトルに挑戦する伏線か?

14.海外のホーホケキョ。

↑あー、そう望むよ。

15.海外のホーホケキョ。

俺は全てのクレイジーな光景を楽しんだよ。

16.海外のホーホケキョ。

レフリーが最初に気絶するまでは良い試合だったよ。

チャンピオンシップのメインイベントでの、

過剰なコメディが好きになれなかったかな。

特に彼らが築き上げようとしている新しいタイトルでね。

17.海外のホーホケキョ。

「バレットクラブは衰えた、現在の彼らは散々だ」

と言う人たちの面白いところは、

おそらくケニー以前の、ほとんど毎回の試合に妨害があったことを覚えていないんだろうな。

ケニー以来、ビッグマッチでの妨害は遥かに少なくなったよ。

俺は今まで見た新日本プロレスの最初の試合を思い出したけど(AJvs鈴木の G1)、

その試合にはものすごい沢山の妨害があったよ。

これは、そういった展開が正直に必要であるという類いの試合なんだよ。

18.海外のホーホケキョ。

極悪非道のケニーオメガのVトリガーのためにニーパッドを降ろしているよ。

19.海外のホーホケキョ。

↑ケニーはニーパッドをズボンの外につけているのか?

20.海外のホーホケキョ。

↑AJ、セスそれにヤングバックスも、

みんなそうしているね。

21.海外のホーホケキョ。

【ケニーが片翼の天使を決め2度目の防衛に成功】

ケニーのカリスマはぶっちぎりだな。

22.海外のホーホケキョ。

誰がなんと言おうと、どうでもいいよ。

おれはヨシハシが大好さ。

23.海外のホーホケキョ。

一番の見所は矢野がヤングバックスの二人にローブローしたところだったな。

バレットクラブのRAW侵略事件でWWEを首になった男ジミージェイコブスが観客席に登場!

24.海外のホーホケキョ。

【ジミージェイコブスが観客席に登場】

なんてこった!

ジミージェイコブスだ!

25.海外のホーホケキョ。

はっはっはっ

ジミージェイコブスだよ!

26.海外のホーホケキョ。

この男について認識する必要がある気がするんだが…

27.海外のホーホケキョ。

↑この男はバレットクラブの「侵略」中に彼らと“自撮り”をしてWWEを今週クビになったんだよ。

しかしそこは元プロレスラー、すぐさまそれをネタにしてTシャツを作成。
会場にも別バージョンの「プロ失格Tシャツ」を着て参上。解雇にもプロレスで返す男。

ちなみにジミージェイコブスは元ROHのレスラーでもあります。

28.海外のホーホケキョ。

観客はこの状況を歓迎しているようだね。

29.海外のホーホケキョ。

今年最高のPPVの1つだね。 本当に良いショーだったよ。

感想

大方の予想通り、ケニーオメガが圧倒的な強さで防衛。

アメリカという事もあり、上の反応にもあったようにYOSHI-HASHIにとっては非常に風当たりの強い厳しい戦いになりましたが、メインイベントとしては展開に若干の賛否両論があれど、非常に盛り上がった様です。

この興行にはケニーオメガ、YOSHI-HASHI以外にも新日本プロレスでもおなじみの鈴木みのる、KUSHIDA、矢野通、髙橋ヒロム、ウィルオスプレイ、トレントバレッタ、なども出場しており、それぞれのレスラーが大会を盛り上げ、多くのレスラーとミート&グリートが出来ることもあり、参加したお客さんの満足度も高かったようです。

また新日本とROHのイベントでしたがYOSHI-HASHIへのブーイングや、ジミージェイコブスでの盛り上がりといい、完全にROHのイベントに新日本のプロレスラーが参加しているといった印象を受けました。

海外の会場の空気感は日本の会場と観戦の仕方もチャントも違うと思うので、こういった試合は生配信したほうが新鮮味があって良いと感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    YOSHI-HASHIについては及第点って感じで心配してたほど悪くなかった
    とはいえタイトルマッチをサシの勝負で盛り上げるほどの力は彼にはない
    だからお祭り状態の試合にしたのは、ケニーと新日の好判断だったと思うな

  2. 匿名 より:

    まあ、ケニーはヨシヒコ相手でも試合として見せられるからね

    それにしても、これは何かの代償に受けたのだろうかって勘繰りたくなるわ