「ここから新日本に魅了された」海外ファンが選ぶ2017年の新日本プロレスお気に入り興行は?

新日本プロレス最大の興行、1.4東京ドームレッスルキングダム12。今年もレッスルキングダム11に始まり、ロードトゥトーキョードームまで沢山の充実した大会が行われ、例年以上の盛り上がりを見せてくれました。と言う訳で、今回は、海外のファンが選ぶ2017年に行われた新日本プロレスのお気に入りの興行を紹介します。

生きる伝説!獣神サンダーライガーがツイッターを始め海外のファンも驚く!【海外の反応】

新日本プロレスのレジェンド覆面レスラーの獣神サンダー・ライガーが12月19日よりツイッターを始めたようです。新日本プロレスのレスラーは会社の勧めでかなり積極的にツイッターを使用して人が多いですが、53歳のライガーは新日の現役レスラーで最年長のツイッター使用者になりました。海外のファンの反応を紹介します。

進化し続けるモンスター!脅威の存在感!北村克哉がヤングライオン杯を全勝優勝!【海外の反応】

12月21日、ライオンズゲートプロジェクト10にて行われたヤングライオン杯の最終戦。総当たりのリーグ戦、ここまで唯一の4戦全勝で頭一つ抜け出している北村克哉がこの日も岡倫之を破り、5戦全勝で見事12年ぶりに行われたのヤングライオン杯を優勝しました。この話題の海外の反応を紹介します。

史上最高、充実し過ぎ!1.4レッスルキングダム12の全ての試合カードが出揃う!【海外の反応】

新日本プロレス最大の興行、1.4東京ドームで行われる、レッスルキングダム12その全試合のカードが出揃った事で海外のファンの間で討論が盛り上がりをみせています。と言う訳で今回は、この充実したカードについて討論する海外のファンの様子を紹介します。

海外「ヒデオが元祖だ」イタミヒデオがWWE/RAW&205LIVEデビュー!観客はフィニッシャーに反応。

WWEで活躍する日本人レスラーイタミヒデオ(KENTA)かねてよりWWE205LIVEでの登場が予告されていましたが、(現地時間)12月18日のRAWでフィンベイラーを助ける形でRAWでのデビューそして、(現地時間)12月19日にWWE205LIVEのロースターとしてのデビューも果たしました。この話題の海外の反応を紹介します。

ヘアスタイル一新!欠場中の棚橋弘至が1.4出場を宣言!ジェイホワイトと再び乱闘!【海外の反応】

12.18(月)新日本プロレスの年内最終興行となったROAD TO TOKYO DOME後楽園ホール。膝のけがにより欠場していた棚橋弘至がサプライズで姿を現し、心配されていたレッスルキングダム12への出場を宣言。さらに対戦相手のジェイホワイトも乱入し再び乱闘になりました。この話題の海外の反応を紹介します。

中邑真輔のタッグ戦、揉めるレフリーの速すぎるカウントで敗戦。AJスタイルズは防衛【海外の反応】

現地時間12月17日に行われた、WWEスマックダウンLIVE、クラッシュオブチャンピオンズ2017。中邑真輔&ランディオートン組VSケビンオーエンズ&サミゼイン組とのタッグ戦が行われました。レフリーが二人と言う異常な状況下での試合となりました。海外の反応を紹介します。

何故か会場には笑い声…謎の覆面レスラー、マスクドホースが初登場!【海外の反応】

12月17日に行われたROAD TO TOKYODOME後楽園ホール。先日のケニーオメガとクリスジェリコの大乱闘となった記者会見であっさりと登場をアナウンスされていた謎の覆面レスラー、マスクドホースがこの日の第7試合についに登場!この話題の海外の反応を紹介します。

海外「彼の意見は正しい」Wメイン決定の新日本プロレスの姿勢に内藤哲也が噛み付く!【1.4東京ドーム】

内藤哲也がプロレス大賞受賞記者会見の席で内藤が現在プロレスファンの間で話題になっている新日本プロレス最大の興行、1.4東京ドーム、レッスルキングダム12の対戦カードがダブルメインイベントになったことについて触れ、その決定を下した会社の姿勢などを厳しく批判しました。この話題の海外の反応を紹介します。



スポンサーリンク