外国人レスラー一覧

「聖水を返せ!」国内外のファンがランスアーチャーの禁じられた水撒きの復活を切望!

新日本プロレス、鈴木軍の最強タッグ「KES」のランスアーチャーの入場時の“水撒きパフォーマンス”。会社に封印され多くのファンをガッカリさせていましたが、ランスアーチャー当人がツイッターでこのパフォーマンスの復活を求めるリツイートを呼びかけたことで、国内外のファンがランスに協力する状況になっています。今回はこの話題の反応を紹介します。

ファレ道場のヤングライオン4人が新日本プロレス道場へ受け入れられる!【海外の反応】

ファレDOJO(道場)のヤングライオン4人が新日本プロレスの道場に受け入れられた事がファレ道場の創立者で、ヘッドトレイナーでもあるバッドラックファレのFacebookとツイッターで明らかにされました。この話題の海外の反応を紹介します。

柴田勝頼「新日本の伝統を伝えたい」ロサンゼルス道場の最新動画が公開【海外の反応】

今年3月にロサンゼルスに出来た新日本プロレスNJPW DOJO(道場)の最新の動画が公開されました。動画ではLA道場のヘッドコーチに就任した柴田勝頼がLA道場の在り方、練習方針などを語るインタビューを中心に、LA DOJOで柴田から指導を受ける練習生の姿を観ることができます。この動画の海外の反応を紹介します。

IWGP Jr.ヘビー王者!ウィルオスプレイがファンの質問に答える!【海外の反応】

新日本プロレスの現IWGPJr.ヘビー級王者のウィルオスプレイが自身のツイッターで始めたQ&Aが盛り上がっていましたので紹介します。一言でシンプルながらも真摯に色んな質問に答えてくれています。という事でこのQ&Aの海外の反応を紹介します。

バレットクラブのハンサムレスラーコーディのハンサムな「犬」その名も“ファラオ”そして父【海外の反応】

レッスルキングダム12で飯伏と熱戦を繰り広げたハンサムレスラー、バレットクラブのコーディ。SNSでは同じくらいハンサムな「コーディの犬」が頻繁に登場今回はそんな、ハンサム犬「ファラオ」へのファンの反応と、金髪になったコーディを観て父を思い出すファン、そしておまけのコーディのQ&Aを紹介します。

最高のレスラーでゲーム好き。ケニーオメガが選ぶ2017年のベストゲームトップ10

世界最高のレスラーの一人でありながら、ファンの間ではゲーム好きな事でも大変有名な新日本プロレスのケニーオメガ。今回はケニーオメガの2018年のベストゲームトップ10とそれを熱く語るケニーのコメントを要約して紹介します。

兄弟愛。トンガ兄弟が東京で家族のためにお買い物。G.O.Dの動画が日本語対応に!【海外の反応】

昨年の年末、バレットクラブのタマトンガとタンガロアのタッグチームG.o.DのYOUTUBEチャンネルが開設され、この度、早速その動画が日本語字幕対応になった事をタマトンガがTwitterで報告しています。この動画の海外の反応を紹介します。

圧巻!ヒールユニット“バレットクラブ” 海外でのミート&グリートに長蛇の列!【新日本プロレス/ROH】

新日本プロレスで誕生したヒールユニットバレットクラブ。そのメンバーの内、リーダーのケニー・オメガや、ヤングバックス、マーティスカル、コーディなどが所属しているもう一つの団体であるROHのサンアントニオ興行でのミートアンドグリートの列が長いと、プロレスファンを驚かせています。この話題の海外の反応を紹介します。

「夢を追え!」新日本プロレスへの凱旋直後にビッグマッチを組まれたジェイホワイトとは?【海外の反応】

新日本プロレスワールドの企画のドキュメンタリーシリーズ「OnTheRoad」を通して、ヤングライオン時代のジェイホワイトを視聴した海外の反応と、スイッチブレイドとして凱旋後いきなり新日本プロレスのエースこと、棚橋弘至とのレッスルキングダム12でタイトルマッチを組まれた理由などについて考えてみました。

「プロレスラーは自分を疑わない」ロッポンギ・バイスが六本木で夢を語る【海外の反応】

今回はDESTRUCTION in HIROSHIMAで惜しまれながらも解散したロッキー・ロメロとバレッタ・トレントからなるタッグチームのROPPONGI VICE(ロッポンギバイス)です。バレッタはヘビー級へ転向。ロッキーはロッポンギ3Kという新たなタッグチームの監督としての活動を予告しています。OnTheRoadに寄せられたコメントを翻訳して紹介します。



スポンサーリンク